日刊サイゾー トップ > 芸能  > 徳永えり、真のブレークなるか?

朝ドラ『わろてんか』のトキ役で脚光浴びた“遅咲き女優”徳永えり 連ドラ掛け持ちで真のブレークなるか?

フラーム公式サイトより

 3月で終了したNHK連続ドラマ小説『わろてんか』で、北村笑店の会計係で、風太(濱田岳)の妻・トキ役を演じて、一躍脚光を浴びた徳永えりが、今クール、2つの連ドラに掛け持ち出演し、奮闘を続けている。

 現在、徳永はNHK総合『デイジー・ラック』(金曜午後10時~)では、主人公・楓(佐々木希)の幼なじみ・えり役で出演。テレビ東京系『ヘッドハンター』(月曜午後10時~)では、サーチ会社「SAGASU」のヘッドハンター兼社長である主人公・黒澤和樹(江口洋介)の片腕で、同社リサーチャーの舘林美憂役を演じている。主演でもヒロインでもないが、いずれもストーリー上、重要な役どころだ。

 徳永はファッション雑誌「ピチレモン」(学研プラス)のモデルとして、芸能界入り。2004年にドラマ『放課後。』(フジテレビ系)で女優デビュー。06年には、『放郷物語 THROWS OUT MY HOMETOWN』で、映画初出演にして主演を果たした。10年公開の映画『春との旅』では、仲代達矢とダブル主演を務め、その演技力が評価されたこともあった。12年前期の朝ドラ『梅ちゃん先生』では、ヒロイン・梅子(堀北真希)の同級生・弥生役で出演したが、ブレークするには至らず。その後、数多くのドラマ、映画、舞台に出演してきたが、脇役続きで、なかなか芽が出ることはなかった苦労人だ。

 しかし、『わろてんか』では、ヒロイン・葵わかなを凌駕する演技力、存在感で注目を集め、4月期には2つの連ドラを掛け持ちするまでに飛躍を遂げた。

「徳永は、5月で三十路を迎え、年齢的には、もう若手とはいえません。ルックス的にも、決して秀でているともいえませんので、ある意味、今が最大のチャンスであり、正念場でもあります。『デイジー・ラック』『ヘッドハンター』共に、いい役をもらっているので、ここで存在感を発揮することができれば、真のブレークを果たせそう。そうなれば、主演とは言いませんが、連ドラのヒロインの座も転がり込んでくるかもしれませんし、NHKとの関わりが深いので、大河ドラマ出演も夢ではないでしょう」(テレビ誌関係者)

 ルックスより、演技力で勝負する徳永だけに、いったんブレークすれば、仕事が途切れることはなさそう。脇役とはいえ、今後の活躍ぶりが注目されるところだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/05/07 12:00
こんな記事も読まれています

朝ドラ『わろてんか』のトキ役で脚光浴びた“遅咲き女優”徳永えり 連ドラ掛け持ちで真のブレークなるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

石田ゆり子、本当は気が強い!?

「奇跡の50歳」といわれる若さと美貌で大人気...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真