日刊サイゾー トップ > 芸能  > 徳永えり、真のブレークなるか?

朝ドラ『わろてんか』のトキ役で脚光浴びた“遅咲き女優”徳永えり 連ドラ掛け持ちで真のブレークなるか?

フラーム公式サイトより

 3月で終了したNHK連続ドラマ小説『わろてんか』で、北村笑店の会計係で、風太(濱田岳)の妻・トキ役を演じて、一躍脚光を浴びた徳永えりが、今クール、2つの連ドラに掛け持ち出演し、奮闘を続けている。

 現在、徳永はNHK総合『デイジー・ラック』(金曜午後10時~)では、主人公・楓(佐々木希)の幼なじみ・えり役で出演。テレビ東京系『ヘッドハンター』(月曜午後10時~)では、サーチ会社「SAGASU」のヘッドハンター兼社長である主人公・黒澤和樹(江口洋介)の片腕で、同社リサーチャーの舘林美憂役を演じている。主演でもヒロインでもないが、いずれもストーリー上、重要な役どころだ。

 徳永はファッション雑誌「ピチレモン」(学研プラス)のモデルとして、芸能界入り。2004年にドラマ『放課後。』(フジテレビ系)で女優デビュー。06年には、『放郷物語 THROWS OUT MY HOMETOWN』で、映画初出演にして主演を果たした。10年公開の映画『春との旅』では、仲代達矢とダブル主演を務め、その演技力が評価されたこともあった。12年前期の朝ドラ『梅ちゃん先生』では、ヒロイン・梅子(堀北真希)の同級生・弥生役で出演したが、ブレークするには至らず。その後、数多くのドラマ、映画、舞台に出演してきたが、脇役続きで、なかなか芽が出ることはなかった苦労人だ。

 しかし、『わろてんか』では、ヒロイン・葵わかなを凌駕する演技力、存在感で注目を集め、4月期には2つの連ドラを掛け持ちするまでに飛躍を遂げた。

「徳永は、5月で三十路を迎え、年齢的には、もう若手とはいえません。ルックス的にも、決して秀でているともいえませんので、ある意味、今が最大のチャンスであり、正念場でもあります。『デイジー・ラック』『ヘッドハンター』共に、いい役をもらっているので、ここで存在感を発揮することができれば、真のブレークを果たせそう。そうなれば、主演とは言いませんが、連ドラのヒロインの座も転がり込んでくるかもしれませんし、NHKとの関わりが深いので、大河ドラマ出演も夢ではないでしょう」(テレビ誌関係者)

 ルックスより、演技力で勝負する徳永だけに、いったんブレークすれば、仕事が途切れることはなさそう。脇役とはいえ、今後の活躍ぶりが注目されるところだ。
(文=田中七男)

最終更新:2018/05/07 12:00

朝ドラ『わろてんか』のトキ役で脚光浴びた“遅咲き女優”徳永えり 連ドラ掛け持ちで真のブレークなるか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

指原莉乃は今日もテレビのどこかで誰かに言及し・言及されている

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『M-1』予選を騒がせた野良芸人

『M-1』グランプリの決勝が近づいている。今年は過去最多となる5,040組がエントリ...
写真