日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山口達也騒動で消された芸能ニュース

TOKIO・山口達也“強制わいせつ騒動”で吹き飛んだ芸能ニュース「本人たちには幸いした?」

Amazonビデオ『松本清張 二夜連続ドラマスペシャル 第一夜 地方紙を買う女~作家・杉本隆治の推理』

 2018年のゴールデンウイークの話題は、TOKIO・山口達也による強制わいせつ事件で埋め尽くされた。4月25日に第一報が出ると、翌26日に弁護士同席のもとで本人が謝罪会見を行ったが、早くもグループへの復帰を希望するなど、甘い姿勢に批判が集まった。

 連休谷間の平日となった5月2日には、山口以外のTOKIOメンバー4人が謝罪会見を開き、連休最終日の6日夜には、山口本人の申し出を受けて、ジャニーズ事務所が契約を解除したと発表した。

 この山口の報道の裏で、かき消されてしまった芸能ニュースがある。

「もっとも大きなところでは、俳優の田村正和の引退でしょう。今年で75歳となり、自らの演技力に関して気力と体力の限界を感じての引退でした。本人としてもそれほど騒がれることを望まず、ひっそりとした引退を希望していたようです。山口の事件にかき消されてしまったのは、決して悪いことではないかもしれません」(芸能ライター)

 一方で、連休前を狙って発表されたであろう、ネガティブなニュースもある。フジテレビの秋元優里、生田竜聖アナウンサーの離婚発表だ。

「秋元アナは、今年1月に番組プロデューサーとの、“竹林不倫”が『週刊文春』(文藝春秋)で報じられ、話題となっていました。生田アナとはかねてより別居が報じられ、離婚は秒読みといわれていましたから、当然の結果ともいえるでしょう。MCを務めていた『ワイドナショー』(同)では、共演者であるダウンタウンの松本人志に『かぐや姫不倫』ネタをいじられるなど、話題となっていましたが、現在は13年に生まれた子どもの親権をめぐって骨肉の争いをしているともいわれており、バラエティ的なネタにしにくいのは確かでしょう」(同)

 2つのニュースとも、当人たちが話題になることを積極的に望んでいない点では共通する。結果としては、山口の騒動が幸いしたのかもしれない。
(文=平田宏利)

最終更新:2018/05/08 23:00
こんな記事も読まれています

TOKIO・山口達也“強制わいせつ騒動”で吹き飛んだ芸能ニュース「本人たちには幸いした?」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真