日刊サイゾー トップ > 芸能  > misonoの“台湾進出”、世間は冷ややか

misonoの“台湾進出発表”にも、世間は冷ややか目線……「狼少年」状態のワケとは

misono公式サイトより

 歌手でタレントのmisonoが、活動拠点を台湾に移すという。2014年にアルバムを発表して以来、CDをリリースしていないmisonoだが、環境を新たに音楽活動を再開すべく、台湾で新生活を始める。年内に台湾へ渡る予定で、事実婚状態にある4人組バンドHighsidEのドラマーのNosukeは日本に残るため、“遠距離夫婦”となる。

「近年は歌手としてよりも、タレントとしてバラエティー番組への出演がメインとなっているmisonoですが、もともとは男女3人組ユニットday after tomorrowのボーカルとしてデビューしただけあって、現状に忸怩たるものがあったのでしょうか。14年以降、CDのリリースがないのは、当時発表したアルバムが1万枚売れなければ今後CDを出さないと本人が宣言したからで、実際に現在まで約5,800枚しか売れていません。台湾でCDデビューして、逆輸入の形で日本の音楽シーンに返り咲こうとでも考えているのでしょうか」(芸能ライター)

 歌手でもタレントでも構わないが、misonoといえば、その言動がたびたび物議を醸し、何よりも“お騒がせキャラ”としてお馴染み。13年には、30歳になったら芸能界を引退するなどと、テレビで宣言したこともある。

「このときは所属事務所に叱責されて、わずか2カ月で宣言を撤回するという失態を演じました。最近では、この3月に更新したブログで、死に至るほどの病にかかっていたことを告白。しかし、その病気は1月には治っていた上、肝心の病名は明かさずじまいだったので、『大げさ』『どんだけ、“構ってちゃん”なんだ』などと世間から総ツッコミを受けました。今回の台湾移住も、周囲は誰も本気にはしていませんよ」(同)

 もはや“狼少年”状態のmisonoだけに、何を言っても世間の反応は冷ややかというしかない。

最終更新:2018/05/09 22:30
こんな記事も読まれています

misonoの“台湾進出発表”にも、世間は冷ややか目線……「狼少年」状態のワケとはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

極道×アイドルマンガ作者が語る魅力

 今、アイドル界では、ありとあらゆるものとの組み合わせが考えられている。プロレスアイ...
写真