日刊サイゾー トップ > エンタメ  > misonoの“台湾進出”、世間は冷ややか

misonoの“台湾進出発表”にも、世間は冷ややか目線……「狼少年」状態のワケとは

misono公式サイトより

 歌手でタレントのmisonoが、活動拠点を台湾に移すという。2014年にアルバムを発表して以来、CDをリリースしていないmisonoだが、環境を新たに音楽活動を再開すべく、台湾で新生活を始める。年内に台湾へ渡る予定で、事実婚状態にある4人組バンドHighsidEのドラマーのNosukeは日本に残るため、“遠距離夫婦”となる。

「近年は歌手としてよりも、タレントとしてバラエティー番組への出演がメインとなっているmisonoですが、もともとは男女3人組ユニットday after tomorrowのボーカルとしてデビューしただけあって、現状に忸怩たるものがあったのでしょうか。14年以降、CDのリリースがないのは、当時発表したアルバムが1万枚売れなければ今後CDを出さないと本人が宣言したからで、実際に現在まで約5,800枚しか売れていません。台湾でCDデビューして、逆輸入の形で日本の音楽シーンに返り咲こうとでも考えているのでしょうか」(芸能ライター)

 歌手でもタレントでも構わないが、misonoといえば、その言動がたびたび物議を醸し、何よりも“お騒がせキャラ”としてお馴染み。13年には、30歳になったら芸能界を引退するなどと、テレビで宣言したこともある。

「このときは所属事務所に叱責されて、わずか2カ月で宣言を撤回するという失態を演じました。最近では、この3月に更新したブログで、死に至るほどの病にかかっていたことを告白。しかし、その病気は1月には治っていた上、肝心の病名は明かさずじまいだったので、『大げさ』『どんだけ、“構ってちゃん”なんだ』などと世間から総ツッコミを受けました。今回の台湾移住も、周囲は誰も本気にはしていませんよ」(同)

 もはや“狼少年”状態のmisonoだけに、何を言っても世間の反応は冷ややかというしかない。

最終更新:2018/05/09 22:30
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真