日刊サイゾー トップ > 芸能  > 隠し撮りで品川の好感度爆上げ

『アメトーーク!』で品川の好感度が爆上がり! 隠し撮りで明らかになった“温厚な姿”に感動の声

品川祐 公式Twitter(@shinahiro426)より

 5月10日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の“(仮)バラシ芸人”に品川庄司・品川祐が出演。嫌われ者の品川だが、この企画では好感度をアップして話題になっていた。

 第一候補のタレントがもし出演できなかったときのために、第二、第三候補としてスケジュールを“仮”で抑えられるのが“(仮)バラシ芸人”。第一候補であるタレントの出演が決定すると、“仮”で入っていたその仕事が“バラされる(無くなる)”という悲しすぎる結末が待っている。

 品川は“(仮)バラシ”の常連者で、次々に自身が体験した悲しすぎるエピソードを披露。また一方で、“(仮)バラシ”に怒る他の出演者をなだめる場面も。ニッチェ・近藤くみこが“(仮)バラシ”になるのはマネジャーのせいではないかと推測すると、品川は「あんまりマネジャーとかに文句を言わない方が良い」「マネジャーに文句を言うと最後の理解者を失う可能性がある」と大人のコメントをしていた。

「番組ではドッキリとして、出演者が“(仮)バラシ”される瞬間を隠し撮りしていました。品川はマネジャーに“(仮)バラシ”を伝えられるとすんなり受諾。さらに品川の代わりに後輩の千鳥が決まったと伝えられても、動揺する様子を見せず。そしてマネジャーが『品川さんでいいと思うんですけどね』とフォローした際には、『俺1人だったら、千鳥2人のほうが良いでしょ』と、不満を一切言わずに受け止めています。この様子に視聴者からは『素直に負けを認める品川を見てなんか涙が出てきた』『自分の中で品川の好感度が爆上がり』『ショックを受けているはずなのにこらえる品川……案外良いやつだと思ってしまう』と称賛の声が上がっていました」(芸能ライター)

 また、今回の番組では品川がお笑いスキルの高さも発揮している。

「司会の雨上がり決死隊が、自分たちもゲストのスケジュール都合で収録が延期(バラシ)になることがあるとコメントすると、品川は贅沢な悩みだと切り捨てています。さらに『そんなマイホームのカーテンが気に入らないって話を、公園に住んでいる我々に言われてもね!』と例えツッコミをして大爆笑をとることに成功。品川の言葉には共演者からも『名言!』と拍手喝采が巻き起こっていました」(同)

 放送中は「品川ってやっぱりしゃべるのめちゃくちゃ上手いな」「品川がキレッキレすぎて無双状態」「最近は品川の出る回は当たり回になってる」と称賛の声が続出。品川が再ブレイクする日も近いかもしれない。

最終更新:2018/05/11 17:30
こんな記事も読まれています

『アメトーーク!』で品川の好感度が爆上がり! 隠し撮りで明らかになった“温厚な姿”に感動の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真