日刊サイゾー トップ > 芸能  > 坂上忍&小籔千豊“共演NG”秒読み!?

坂上忍の小籔千豊に対する「2度目のパワハラ」に批判殺到! “共演NG”待ったなし!?

 

 2度目のバトルとあって、もはや「共演NG」は避けられない!?

 5月8日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)で、MCの坂上忍と出演者の小籔千豊との間に不穏な空気が流れたという。

「福田淳一前財務事務次官のセクハラ問題を取り上げた際、小藪は発端となった音声テープが編集されていたことや、本人が行為を認めていない段階で罪を背負わせることに関して疑問を呈した。すると、坂上は表情を硬直させ、『罪もクソも財務省認めてんだよ?』『また振る相手間違えたかな俺』とブチギレモードに。スタジオは重い空気に包まれました」(テレビ誌ライター)

 ネット上では「坂上は反対意見を言わせないつもりか」「望む返答をしなかったら恫喝ってパワハラだろ!」との批判が連打されたが、実は坂上と小藪の“冷戦”には伏線があった。

「4月10日の放送でレスリングのパワハラ問題を取り上げた際にも、『僕はどっちに肩入れしたいというよりも、平等に聞きたい』『一方的な意見だけを多めに聞くと、ちょっと怖くなってくるのは正直あります』と語る小藪に対して、坂上は『報道のあり方に疑問を呈する前に、ご自分はどうお考えなんですかって聞いてんだよ!』と口撃。この時も坂上の“パワハラ問題”がネット上で話題となっていただけに、今回も多くの視聴者が坂上の態度に憤りを覚えたようです」(同)

 売れっ子とはいえ、高圧的で独善的な坂上の態度に辟易しているタレントは、芸能界には数多いという。

「坂上は、とにかく自身の番組ではやたらと強権的で、放送後の打ち上げも参加を強要したり、飲みの席で『次、使わね~ぞ』と言い放つこともあるといいます。実際、そんな態度に嫌気を刺したホラン千秋やマギー、番組で批判された益若つばさが坂上との共演を拒否。有吉弘行も過去に放送された番組で、『だから坂上忍さんを見ていると、まだカリカリしてんの? って思うもん』『あ~、また(共演)NGになっちゃう~』と坂上への苦言を漏らしています」(芸能ライター)

 坂上の「パワハラ」によって小藪は番組から姿を消すことになるのだろうか。

最終更新:2018/05/12 10:00
こんな記事も読まれています

坂上忍の小籔千豊に対する「2度目のパワハラ」に批判殺到! “共演NG”待ったなし!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...…
写真