日刊サイゾー トップ > スポーツ  > スポーツ番組の「アメフト外し」懸念

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】競技そのものにダーティーイメージが……スポーツ番組の「アメフト外し」懸念

悪質タックルでアメフト選手が負傷 日大の試合中止(18/05/14) – YouTube(ANNnewsCH)

 日本大学アメリカンフットボール部の騒動は、内田正人監督が19日に被害者の関西学院大学の選手らに謝罪し、新たな展開を迎えている。

 今後は24日に行われる予定の関学大の会見で、日大サイドからの今回の経緯に関する回答書の詳細が語られる予定で、その内容いかんによっては「刑事告発など、次なる一手を関学大側は打ってくることになるだろう」(全国紙社会部デスク)と話す。

 すでに、今回の騒動は各方面に影響を及ぼしているが、懸念されているのがスポーツバラエティ番組の“アメフト外し”だ。

「昨年辺りから、民放テレビ局は2020年の東京五輪をにらんで各種スポーツバラエティ番組を新設、あるいは復活させています」(テレビ局関係者)

『炎の体育会TV』(TBS系)、『ジャンク SPORTS』(フジテレビ系)、『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日系)がそれに当てはまる。だが、これらの番組で今後アメフト選手や競技を扱いにくくなる可能性が浮上している。

「今回の一件で、アメフトは危険、あるいはダーティーなイメージがついてしまった。番組はいずれもゴールデンタイムで放送されており、家族そろって楽しめる内容がコンセプト。今回のような不祥事が起きたスポーツは、やはり扱いにくくなる」(同)

 2020年の五輪種目ではないにせよ、日本においてプロリーグがないアメフトがこのような番組で取り上げられれば、宣伝効果は大きい。今回の事件は、そうした“露出機会”さえ奪おうとしているのだ。

最終更新:2018/05/21 14:45

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】競技そのものにダーティーイメージが……スポーツ番組の「アメフト外し」懸念のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真