日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 日大アメフト部監督のネクタイに波紋

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】内田監督のネクタイに波紋

YouTube「ANNnewsCH」より

 相手選手への悪質タックル問題で窮地に追い込まれた日本大学アメリカンフットボール部の内田正人監督が19日、ケガを負わせた関西学院大学の選手や関係者らに直接謝罪した。東京への帰路に就く際、内田氏は監督を辞任する意向を明かしたが、その言動を巡ってさまざまな波紋が広がっている。

 伊丹空港で内田氏は大勢の報道陣の前で「私の責任。監督を辞任いたします」と頭を下げた。

 事件が起きた定期戦が行われたのは5月6日のことで、それから13日が経過。謝罪はおろか、経緯説明もしないまま行方をくらまし、報道陣の直撃取材にも応じない姿は各方面で批判を浴びていた。

 この日は観念したように「(相手に)直接お詫びしてから、辞任を考えていた」と神妙な表情で語ったが、会見でまたしても2つの“ミス”をしていた。

 まずは被害者側の大学名を「かんせいがくいん」ではなく「かんさいがくいん」と言い間違えたことだ。これには関学大OBらが大激怒。かつてアメフト部でプレーした経験があるOBは「うちの大学をなめてんのか、と胸ぐらをつかんで叱りたい。何も反省していないやないか」と怒り狂っている。

 さらに、ネクタイの色がド派手なピンク色だったことにも「謝罪タイミングが遅い上に、あの色はなんなんですか。普通なら黒や紺など暗めの色でいくのが常識的」(同)。

 確かに、日大アメフト部のカラーは“赤”で知られているが「それにしても、今回はTPOを考えるべき。結局、あれだけの年齢を重ねても一般社会の常識が備わっていない大人だったんやね」とあきれ顔だ。

 どう考えても“誠意”が見られない対応は、傷口に塩を塗る行為と同じ。“火に油を注ぐ”とはまさにこのことだろう。

最終更新:2018/05/21 14:50
こんな記事も読まれています
関連キーワード

【日大アメフト部“悪質タックル”問題】内田監督のネクタイに波紋のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

『24時間テレビ』今年も大荒れ必至!?

初の駅伝形式で行われるチャリティーマラソンは大丈夫?
写真
人気連載

新作ピンク映画15本が集結

 最新ピンク映画の話題作&人気作をセレクトし...…
写真
インタビュー

岡野陽一『R-1』で刻んだ爪跡

 3月に行われた『R-1グランプリ』(関西テレビ系)決勝で、観覧客からひときわ大きな...
写真