日刊サイゾー トップ > 芸能  > 山崎賢人が重宝される理由

山崎賢人が重宝される理由は「こだわりのなさ」 炎上しそうな実写化でも絶対に断らない!

山崎賢人 公式インスタグラム (@kentooyamazaki)より

『ジョジョの奇妙な冒険』『斉木楠雄のΨ難』『氷菓』『orange』『四月は君の嘘』『デスノート』……など、漫画の実写化映画・ドラマに多数出演している山崎賢人。実写映画化が決定した『キングダム』の主演を務めるのではないかともささやかれている。

「『キングダム』連載10周年を記念して制作された3分ほどの実写映像で、山崎が主役を演じました。そういったこともあり、今回の実写化映画への出演の可能性が高いといわれています」(映画関係者)

 若手俳優の中では特に実写化作品への出演が多い山崎だが、どういう理由があるのだろうか?

「とにかく、作品や自分の演技に対するこだわりがなく、どんな役でも演じるし、どんな演出でも受け入れるのだとか。だから、何かと炎上しやすい人気漫画の実写化作品であっても、まったく気にすることなくオファーを受けるのだそうです。ちなみに、ネットで何を言われても、全然ヘコまないらしいですよ」(同)

 こだわりがまったくないがゆえに、スタッフ受けも最高だという。

「制作サイドの思惑通りに動いてくれるので、現場では“山崎くんは本当にやりやすい”と絶賛されているみたいです。所属事務所としても相当ありがたい存在ですよね。山崎がオファーを受けてくれれば、若手をバーターでくっつけることもできますし、どんどん次の仕事にもつながっていく。山崎を使っていれば、関係者は誰も損をしないという状況です」(芸能事務所関係者)

 ある意味、常に受け身でいるからこそ大ブレークすることとなったといえる山崎。この姿勢は、ずっと変わらないようだ。

「もちろん、大物になれば周囲が気を使ってくるので、そもそも変な要求をされること自体なくなるというのもありますが、山崎の場合は、若手の頃からこだわりがなく、とにかく“使いやすい”という評価だったようです」(同)

 人気俳優になってからも、特に天狗になるようなことはないという山崎。今後も重宝されそうだ。

最終更新:2018/05/31 12:21
こんな記事も読まれています

山崎賢人が重宝される理由は「こだわりのなさ」 炎上しそうな実写化でも絶対に断らない!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

炎上弁護士が語る「殺害予告」の真実

 日本人最多とされる殺害予告を受け、6年以上に渡って誹謗中傷を受け続ける「炎上弁護士」...…
写真