日刊サイゾー トップ > 芸能  > キムタク娘・Kokiのモテモテ伝説!

木村拓哉&工藤静香の次女・Koki,、関係者が明かす「インターナショナルスクール“モテモテ伝説”」

ELLE公式YouTubeより

 木村拓哉と工藤静香夫妻の次女、Koki,(コウキ)=光希(15)が、5月28日発売のファッション誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)7月号の表紙モデルとして、華々しくデビュー。キムタクのいいところを引き継いだ、愛らしくも大人の色気を感じさせる姿が、話題騒然となっている。

「長女の心美ちゃんはこれまでに何枚か写真が流出していますが、光希ちゃんは、ほぼデータがなく、ネット上にはヒドいウワサやデマがまん延していました。それだけに、世間に与えたインパクトは大きかった。しかも、15歳にして身長170センチで、3カ国語を操り、作曲家として静香だけでなく、中島美嘉にまで楽曲を提供しているという、やりすぎとも思えるほどの無敵の高スペック。静香のプロデュースをうかがわせる話題作りもあってアンチも一気に増えているのが心配ですが、それ以上に未来を感じさせる逸材であることは間違いないのでは」(芸能記者)

 こんな子が同じクラスにいたら、果たしてどんな気分だろうか? 子どもを彼女と同じインターナショナルスクールに通わせていたという母親に、話を聞いた。

「心美ちゃんと光希ちゃんのことは、もちろん学校内でも有名で、とても目立つ存在。光希ちゃんは、どちらかというとパパ似ですが、心美ちゃんはお母さんに似ています。性格的にも優しく穏やかなタイプですが、光希ちゃんは、どちらかというとクールで辛口。でも、あの美貌とスタイルですから、周りの男子からはとてもモテると評判でした」

 何人もの男子がLINEで告白したそうだが、その返しがいつもキレキレだったという。

「『そういう考えはない』とか『普通に無理だよね』など、ほとんどが一撃でピシャリだそうです(笑)。現在は都内の有名私立高校に通う心美ちゃんが、フラれた男子をフォローするようなシーンもよくあったそうですが、それでも学校での関係が険悪になったりせず、変わらず付き合えるカラッとした性格で、いつも周りには人が集まるタイプだそうですね」(同)

 性格もジャニーズ事務所の後輩から慕われているというキムタク譲りのようで、ファンはひと安心といったところか。

 華々しいデビューを飾っただけに、まずはその成長と仕事ぶりを、冷静に見守ってあげたいものだ。

最終更新:2018/07/20 13:24

木村拓哉&工藤静香の次女・Koki,、関係者が明かす「インターナショナルスクール“モテモテ伝説”」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真