日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 田中みな実、“ポスト脊山麻理子”に

田中みな実、過激グラビア容認で“ポスト脊山麻理子”一直線!「Gカップ円熟ボディ披露も?」

「WEB UOMO」より

 このまま艶系に一直線!? 5月30日放送の『今夜くらべてみました 最強女子会SP』(日本テレビ系)に、元TBSアナウンサーの田中みな実が出演。「UOMO」(6月号/集英社)にグラビア出演した際の巨匠カメラマン・篠山紀信氏との撮影エピソードを披露した。

「同誌には2カットが掲載。そのうちの鏡の前でのカットは、青いブラウスをおなかのあたりまではだけさせ、肩ひもはだらりと下がった状態。黒いブラジャーからは、たわわな巨乳がこぼれそうなほどにハミ出している。これまでも推定Eカップと目されていましたが、写真を見る限りは、Gカップといってもおかしくないド迫力でしたね」(出版関係者)

 番組では、田中が篠山氏の“脱がせテクニック”を紹介。「(ブラの)ストラップが上がった状態だったんですけど、そしたら『(肩ひも)ひとつ下げてみようか』『じゃ両方下げてみようか』って」と、あれよあれよという間に艶度が上がっていったという。

「しかも撮影はさらにヒートアップしたようで、篠山氏はニップレスを外すことを提案。田中は『(乳首が)見えちゃうんで』と抵抗したものの、押し切られて、その場でニップレスを取ったんだそうです。ヌード写真を撮るわけではないのですから、わざわざニップレスを外す意味はありませんし、普通の感覚なら拒否する場面だと思いますが、それを受け入れたのは田中の“エロ気質”ゆえでしょう。もしかしたら、現場では乳輪くらいは見えていたかもしれません」(前出・出版関係者)

 昨年9月には「anan」(マガジンハウス)で上半身ヌードに挑戦し、肘だけで美巨乳を隠す“肘ブラ”が話題になっていただけに、ネット上は「脱ぎ仕事が板についてきた」「アナウンサー辞めてまでやりたかった仕事が、これですか」といった辛口コメントが並ぶが、中には「ポスト脊山麻理子」として、今後のグラビア活動を熱望する人も。

「元日本テレビアナウンサーの脊山は2010年に退社して以降、5枚のDVDを発売。30代後半になっても、積極的なグラビア展開を見せています。手ブラやナマ尻など、露出度も元局アナとは思えないほどの過激さ。イベントではガーターベルトの黒下着姿を披露したこともあります。田中もこのままいけば、ナマ尻くらい見せてくれそうな勢いですね」(同)

 田中の完熟ボディが完全解禁になる日を待ち望みたい。

最終更新:2018/06/03 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed