日刊サイゾー トップ > 芸能  > 渡辺謙“愛人”と再婚発表を画策!?

渡辺謙が“愛人”との再婚発表タイミングを探っている!?「事務所スタッフは芸能ニュースのチェックに余念なし」

渡辺謙

 女優の南果歩との離婚を発表した俳優の渡辺謙に、不倫相手との再婚説がささやかれている。渡辺を知る芸能関係者によると「2人の関係は現在も続いていて、そのため離婚条件は南の希望にかなり沿ったものとなった」という。

「一部で巨額の慰謝料支払いがあったと報じられたのもそのせいでしょ。ただ、現金の授受はなかったようで、南が否定している。だからといって無条件なわけないから、別の“条件”がいろいろあったんだと思う。不動産の分与などもあったらしいからね。もしかすると、再々婚の時期を話し合ったかもしれない。たとえば『渡辺が再々婚するなら最低でも1年後』とかね」(同)

 ただ、渡辺サイドのメディアコントロールはかなり慎重で、すぐに再婚があるとは思いにくい。何しろ今回の離婚発表は、西城秀樹の死去で多くの記者が奔走した日だった。一部では「もともとこの日に発表する予定だったのでは?」という見方もあるものの、大物俳優の離婚にしては各メディアの扱いがかなり小さかったのは確かで、その“効果”はあった。

「昨年、渡辺が謝罪会見をしたときも、松居一代の離婚問題が一番激しかった。芸能ニュースが豊富なタイミングばかりに出しているんだから、狙ってやっていると思った方が無難でしょ。あのときの会見での渡辺のしゃべり方だって、演技でもしているかのように爽やかだったしね」(同)

 渡辺は1983年に結婚した女性と05年に離婚。その離婚裁判では、妻側から過去の不倫歴を暴露されるなどの騒動があった。離婚成立直後に再婚したのが南だったが、昨年3月に元ホステス女性との3年近くに及ぶ関係が伝えられ、渡辺はしばらく公の場から姿を消した。

 これ以来、東京・世田谷の自宅周辺でも目撃情報がなくなり、別居は明らかだった。4カ月ほどしてようやく謝罪会見で不倫の事実を認めたが、その後も自宅には戻らずアメリカに渡っていた。会見では南に「こんなことであなたが築いてきたというか、積み重ねてきた物が消えるわけはないから頑張ってね」という話を明かして離婚を否定していたが、結果はご覧の通りだ。

「そのアメリカで待っていたのが不倫相手だったらしい。おそらく謝罪会見の時点ですでに『愛人を取る』ことが南に伝えられていたのかもしれない。もしそうなら、渡辺と愛人女性の再婚は時間の問題だろう。ケジメをつけないまま不倫相手と過ごしているのを見られたら、またいろいろ取り沙汰されてしまうから、渡辺としては南と再婚したときみたいに堂々と一緒に過ごせるような形を作るのでは」(前出関係者)

 ただ、再婚発表をするにしても、これまでの渡辺サイドの手法を見る限り、他の大きな話題があるときにぶつけてくるはずである。一説には、事務所のスタッフらが日々、芸能ニュースなどを通じて業界の動きをチェックしているともいわれるのだが……。
(文=藤堂香貴/NEWSIDER Tokyo)

最終更新:2018/06/12 11:29
こんな記事も読まれています

渡辺謙が“愛人”との再婚発表タイミングを探っている!?「事務所スタッフは芸能ニュースのチェックに余念なし」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

『シンゴジ』以降の主流なき邦画界

 興収83億円を記録した『シン・ゴジラ』(16)を最後に、日本の実写映画から50億円...
写真