日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > たかまつなな「副業禁止」でピンチ!?

“お笑いジャーナリスト”のNHK局員・たかまつななが大ピンチ!? 「副業禁止」に抵触で……

たかまつななオフィシャルサイトより

 自称“お笑いジャーナリスト”で、今春NHKに入局した元お笑い芸人のたかまつななが、ピンチに陥っているという。たかまつといえば、フェリス女学院高校から慶応義塾大学に進み東京大学大学院で学んだ頭脳の持ち主。一方で、全国の小中学校などへの出張授業などを提供する「笑下村塾」も起業し、代表として会社を切り盛りしていた。

 社会人となった今年4月からは、兼業を禁止するNHK側と折り合わず、自身は取締役に降り、旧知の人物を代表に据えて経営に携わってきた。

 そんなたかまつだが、放送局内で冷ややかな目で見られているという。穏やかな社風とされているNHKにあって、批判的な声が乱れ飛んでいるというから、ただごとではない。

「自分のブログで政権与党の批判をしたり、自分の会社の求人募集をしたりと、やりたい放題の状態に、NHK局内では『理想を唱えるのは結構だが、一人前になってからにしてくれ』『権利ばかり主張しすぎ』『テレビマンとしてのプライドがない』『政治的主張が偏りすぎている』『そんな時間があるのか』『社会人をナメている』『一緒に仕事したくない、ほかでやってくれ』などとあきれられています」(テレビ局関係者)

 さらに、たかまつが6月10日に書いたブログが局内で問題視されているという。

 たかまつはブログ内で「自分のランチタイムを販売します。ランチをしながらお話しませんか? インタビュー取材や事業相談、コンサルなどのお仕事でも構いません」とつづり、自分のランチタイムの時間60分を3万円で販売。そのチケットが即日売れたというのだ。

「これにはNHK上層部も『上司は何をやっているんだ。なんで注意しないんだ』と激怒しているといいます。NHKの看板を背負って、局員であることをアピールしての販売活動や、自分の会社への支援を求めるということは大問題です。NHKは受信料をもらって放送し、局員の給料を払っている公共放送。こんな新入社員のために受信料を集めているわけではないんです」(前出のテレビ局関係者)

 これはさすがに兼業、副業を禁止するNHKの規定に抵触。ルール違反も明るみとなり、局内で集中砲火を浴びているたかまつだが、このままNHKに残ることができるのか……?

最終更新:2018/06/13 06:00

“お笑いジャーナリスト”のNHK局員・たかまつななが大ピンチ!? 「副業禁止」に抵触で……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

現職・小池百合子の圧勝に終わった都知事選。実は、この裏で今後の国政を占う重要な選挙が行わ...
写真