日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香、娘インスタで凡ミスか!?

工藤静香、娘Koki,を装ってプライベート写真をアップ(?)も、英文で痛恨のミス! 親子でアンチの餌食に……

工藤静香公式Instagramより

「エル ジャポン」2018年7月号(ハースト婦人画報社)でのモデルデビューが注目を集めた木村拓哉と工藤静香の次女・Koki,(コウキ)。5月24日より開設した公式Instagramは、木村と工藤の次女であるとわかるや否や、すぐさまフォロワー数が急増。現在は79万6,000人以上がフォローしている。

 そんな彼女のInstagramは、モデルデビュー以降、11日現在まで2度更新。6月3日は、撮影中のオフショットだと思われる写真をアップ。そして、10日にアップした写真では、「My sister is my personal cameraman」という文章とともに、アジサイをバックに横顔で映るプライベート写真をアップした。

 両方とも反響が大きく、すぐさまネットニュースにもなり、デビューから数週間たった現在でも話題に。しかし一方で、一部のネットユーザーからは、10日にアップした写真に添えられた「My sister is my personal cameraman」という文章の“あるミス”に指摘が続出していたようだ。

「『My sister is my personal cameraman』とKoki,が書いたような投稿になっているのですが、これに対し『英語で“cameraman”は動画を撮影する人のこと。写真は普通“photographer”を使う』という指摘が上がりました。『娘は英語ペラペラだから、間違えたのは静香ってこと?』『静香がInstagram更新してるってこと?』と推測する人が続出していました」(芸能ライター)

 また、この指摘が工藤を嫌うアンチの格好のネタとなったようで、

「このミス指摘以降、『静香、凡ミス残念(笑)!』『娘のInstagramまでプロデュースかよ!』『芸能界デビューさせないとか言ってちゃんと先のこと考えてるんだな。したたかな親だな!』『娘を演じるなら単語ミスしないほうが娘のためでしょ(笑)』といった静香への批判が続出。さらには、『母親のおもちゃにされてるじゃん。かわいそうKoki,』『静香のセンスを受け継いでいる感じが残念』『静香になついてるみたいだから性格悪いだろうね』『モデル業再開するときには、需要ないでしょ。この子』といったKoki,への批判まで上がるように。親子批判が加速している状態です」(同)

 Koki,のモデルデビュー以降、“豪腕ステージママ”ぶりが話題になっている工藤。もし、今回のような凡ミスが彼女によるものだとしたら、これっきりにしたほうがいいかも!?

最終更新:2018/06/28 16:06
こんな記事も読まれています

工藤静香、娘Koki,を装ってプライベート写真をアップ(?)も、英文で痛恨のミス! 親子でアンチの餌食に……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

加藤ひさしが語る32年間の軌跡

 ザ・コレクターズは不思議なバンドだ。1987年にメジャーデビューして以来、アルバム...
写真