日刊サイゾー トップ > 芸能  > 壇蜜が仰天“ナイトライフ”を告白!

壇蜜が「逆ナンで一般人をつまみ食い」仰天“ナイトライフ”を告白!

壇蜜

 最近は美女タレントとIT社長の熱愛報道が相次ぎ、ネット上は羨望の声やファンのため息で溢れかえっている。そんな中、一般人に希望を与えてくれたのが壇蜜だ。

“エッチなお姉さん”として大ブレークした彼女も、気が付けば早37歳。そろそろ結婚話が飛び出してもおかしくはなさそうだが……。

「壇蜜は以前出演した番組で結婚観を聞かれ、『私のような売り出し方をしている人間が(結婚を)していいのかという負い目がちょっとあります。所帯を持って、果たしていいのか』と、ためらいを感じていることを告白しています。本人はタレントの卵や駆け出しの人が理想らしく、有名人や歌舞伎役者、医者などには興味がないようです」(芸能記者)

 そんな壇蜜が6月12日発売の「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)にて、『サンデージャポン』(TBS系)で共演中のテリー伊藤の対談連載にゲストで登場。知られざる“愛欲プライベート”を明かし、ファンを驚かせている。

「彼女は胸が小さいことを理由に『サンジャポ』のオーディションに落選。しかし、6年前に同連載に出演した際、彼女を気に入ったテリーが『サンジャポ』のプロデューサーに激推しして、現在に至っています。親しい間柄とあって、彼女も口が滑らかになったようで、過去の恋愛相手には和英辞典で殴られ、首を絞められながら『お前を殺して、俺も死ぬ』と言われたなど、ヘビーな体験も暴露しています」(芸能ライター)

 さらに対談では、いまだスキャンダル処女の彼女にテリーが「もしかしてエッチしていない?」とツッコむと、芸能記者たちも知らないスクープ秘話が次々と飛び出したのだ。

「彼女は最近も恋人関係ではないサラリーマンを家に呼んで、肉体関係に及んだことを、あっけらかんと白状。ほかにも10歳年下の男をキスだけして“放流”したり、家に帰る途中で自ら逆ナンパして、気が合った人を家に呼んだことが何度もあっそうです。目下、決まった相手はおらず、キャッチ&リリース性活を楽しんでいるようですね」(前出・芸能ライター)

 IT社長でない一般人でも壇蜜と一夜を過ごせる……まさに夢のような話。彼女につまみ食いされた男たちが、うらやましすぎる!

最終更新:2018/06/17 14:00
こんな記事も読まれています

壇蜜が「逆ナンで一般人をつまみ食い」仰天“ナイトライフ”を告白!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

錦戸亮の電撃退所でジャニタレ大量離脱危機!

かねてから退所がウワサされていた錦戸。中居、長瀬がこれに続く!?
写真
人気連載

本場フィンランドの新しいサウナ道

かつてないサウナブームの中、サウナ道こと“サ...…
写真
インタビュー

”東京が怖いアイドル”王林を直撃!

 青森県弘前市のご当地アイドル「りんご娘」のメンバー・王林が話題となっている。 「王...
写真