日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 韓国珍スポ探訪記  > 【韓国珍スポ】済州ラブランド
傍観ライター・清水2000の「韓国珍スポ探訪記」VOL.23

韓国のハワイを代表する、風情あふれるエロスポット「済州ラブランド」

バカーん

「韓国のハワイ」こと済州(チェジュ)島。浮かれた博物館が乱立するこの島で、珍スポ趣味者が訪れるべき三大スポットといえば、「健康と性の博物館」と「世界性文化博物館」、そして今回取り上げる「済州ラブランド」だ。ここに秘宝館の世界チェーン店「リプリーのビリーブ・イット・オア・ノット博物館」を加えて、済州島珍スポ四天王としてもいいだろう。

 ラブランドを訪れたのは今年2月。ハワイと言えども冬の済州島は震えるほど寒く、雪もちらつく中、目的地のある山の中へとタクシーで向かった。こんな天候で、こんな人里離れた場所には、誰もいないのではと思いきや予想以上に人は多い。さすが有名観光地だ。

なお、入場できない19歳未満の子どもたちのために無料休憩所も準備されている

 1万2,000ウォン(1,200円)を支払って入場すれば、さっそく現れるチンコのオブジェ。チンコの看板が指し示すその先には、パステルカラーのエロチックな像が景観に溶け込む、情緒あふれる庭園が広がっていた。

おっぱい山に雪は積もりゆく

 ラブランドの主役は、リアルな造形と鮮やかな色彩がおバカ感を演出する、エッチな巨像たちだ。それらをひとつひとつ堪能しながら歩を進める。

 パンフレットには「楽しさとユーモアいっぱいの、性をテーマにした公園」「自然と調和する芸術作品を眺め、ヒーリング散歩」と書かれている。エロを眺めてヒーリング……が可能なのかよくわからないが、うがった見方をせず、あくまで芸術作品として朗らかに楽しむのが正解なのだろう。訪れた女子たちも、腰がカクカク動くオブジェを嬉々として動かしたり、チンコに抱きついたりしながら、楽しそうに写真を撮っている。

 そしてそれぞれの像には、丁寧にも韓国語・日本語・英語・中国語で作品名が掲示されていた。作品との調和はもちろん、ただの翻訳とは思えない豊かな表現力で、日本語ネイティブの私も思わずうなってしまうものがあった。

123

韓国のハワイを代表する、風情あふれるエロスポット「済州ラブランド」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『半沢歌舞伎』これにて終幕!

第2シーズンも大ヒットとなったドラマ『半沢直樹』。最終回から“ロス”が止まらない!?
写真
人気連載

「セカンドの7番」論と“ダウンタウン病”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

『解放区』は何が問題だった?

 令和元年を象徴する、火傷しそうなほどに熱いインディーズ映画『解放区』が現在公開中だ...
写真