日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小泉今日子、女優廃業危機

小泉今日子、“裏方専念”宣言でささやかれる女優廃業危機「不倫告白の影響で……」

小泉今日子

 女優の小泉今日子が、自身の公式サイトで当面、プロデュース業を軸に活動していくことを発表した。

 今年2月、大手芸能事務所から独立した小泉は「舞台の制作などのプロデューサー業に力を入れる」とし、その他の女優業などについて「しばらく休養させていただく」と記した。

 これまで、ドラマや映画で主演を務めてきた小泉が、いきなりの“裏方専念”。一体、どういうことになのか?

「それだけ、仕事がないのが目に見えているということですよ」と指摘するのは、小泉をよく知る芸能関係者だ。

「独立直前に不倫交際を明かし、そのまま関係を続行するなど、小泉の一般社会における常識が欠落しているのが露わになった。これまでは、マスコミやテレビ局に強い事務所が盾となり守ってくれたが、独立となればそうとはならない。結果、仕事を減らしてしまい、それならば、これまでの経験を生かしての裏方にしばらく専念するという経緯になったのだと思いますよ」(同)

 とはいえ、プロデュース業だけ食べていけるかは「すべてはキャスティング次第でしょうね。小泉だから作品に出る、という役者がどれだけいるのか。特に舞台は観客動員が伸びなければその分、赤字に直結する。彼女が思っている以上にシビアな世界でもありますからね」(同)。

 このまま行けば女優廃業も避けられない窮地に追い込まれた小泉。進むも地獄、戻るも地獄といった様相だが……。

最終更新:2018/06/24 16:00
こんな記事も読まれています

小泉今日子、“裏方専念”宣言でささやかれる女優廃業危機「不倫告白の影響で……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真