日刊サイゾー トップ > 芸能  > 工藤静香&Koki,“共倒れ”の危機!?

工藤静香、ツアーでKoki,楽曲披露で「娘を利用するな!」の声続出! “親子共倒れ”の危機も!?

工藤静香公式Instagramより

 6月24日、歌手の工藤静香がアコースティックライブツアー『POP IN 私とピアノ……そしてあなた』をスタートさせた。

 今回のツアーはピアノと工藤の歌声のみで行うとのことで、東京・品川プリンスクラブeXで行われた初日公演では、「嵐の素顔」をはじめとした自身のヒット曲のほか、かつて所属していたアイドルグループ・おニャン子クラブの楽曲「セーラー服を脱がさないで」もサプライズ熱唱。また、最新アルバム『凛』に収録されている、次女Koki,が作曲した「鋼の森」も披露し、会場に集まったファンを喜ばせていた。

 この模様は、さまざまなメディアで伝えられ、ファン以外にも知れ渡ったのだが、ネットではあまりいい声が上がっていなかったよう。

「ツアー前にKoki,をモデルデビューさせたことやKoki,作曲の楽曲をアルバムに収録したことに嫌悪感を持っている人が多くいるようで、『結局、このツアーのために娘を利用しただろ』『自分の宣伝に娘を使ってかわいそうと思わないのか?』『二世売りして得しているのは静香だけ。あざとく感じる』など辛らつな声ばかりが上がっていました。Koki,をモデルデビューさせたぐらいから、さらに好感度が下がった感は否めませんね」(芸能記者)

 また、工藤がKoki,をプロデュースしていることで「共倒れになりそうな気が……」と心配する声も上がっていたのだが、それが「現実となりそうだ」と、前出の芸能記者は語る。

「Koki,の公式Instagramが更新されるたびに、ネットでは『「エルジャポン」のときと顔が違うよね?』『初めて見たときよりも、かわいくないね……』との声が多く上がっており、やたら上げられる普通すぎるプライベート画像を見て『期待はずれ』だと思っている人がたくさんいるよう。正直、モデルデビュー時の勢いが徐々になくなっている印象を受けますね。やはり、モデルデビューのときは一流のスタッフにメイクしてもらって撮影してもらったから見栄えして良かった。今後を考えるなら、プロデュースも工藤ではない人物に任せたほうがいいかもしれません」(同)

 世間から嫌われている母親にプロデュースを任せるよりも、きちんとした芸能事務所に入れて、売り出し方を知っているマネジャーをつけたほうがいいかもしれない。

最終更新:2018/07/20 13:10
こんな記事も読まれています

工藤静香、ツアーでKoki,楽曲披露で「娘を利用するな!」の声続出! “親子共倒れ”の危機も!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

チケット転売規制法は「国民救済」が目的じゃない! 

 東京オリンピックを視野に6月に施行される「チケット転売規制法」。チケットの高額転売...
写真