日刊サイゾー トップ > 芸能  > 大竹まこと、ラジオ代役なしのワケ

大竹まこと『ゴールデンラジオ』長期欠席で大ピンチ! “代役なし”のワケは……

文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』番組サイトより

 タレントの大竹まことが、腰椎分離症のため、自身の冠番組『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送、月~金曜後1・0)を今月18日から長期欠席している。

 番組は2007年5月にスタート。これまでに何度も聴取率1位を獲るなど、同局の看板番組として知られている。それだけに、大竹の欠席は大きく響くばかりだ。

 当初は20日から復帰予定も、22日までの欠席を同局が発表。さらに25日には、29日までの1週間休むことが番組で発表された。7月2日に復帰予定だという。

 在京ラジオ各局に出入りする制作スタッフは「大竹さんが患う腰椎分離症は、いわゆるヘルニアの一歩手前の状況なんです。無理をすればスタジオから放送ができるかもしれませんが、下手すれば悪化する可能性もある。当然、安静に過ごすのが一番なので、休むという判断になったのだと思います」と明かす。

 通常なら誰か代役を立ててもよさそうなものだが「あの局の看板番組ですからね。しかも、大竹さんありきで制作して10年以上経過して、結果も残している。その代役を探すのも大変だし、引き受けるタレントも、なかなか見つからないでしょうね」と話す。

 ラジオ事情に詳しい中堅放送作家は「在京ラジオは12日からの1週間が、いわゆる聴取率週間。本来なら大竹さんはもっと前に休んでいたのかもしれないが、この週を休めば聴取率にも影響が出ると判断して、半ば無理して番組出演を敢行したのでしょう。倒れてしまった15日も、旬なゲストとして元NHKの有働由美子さんをキャスティングしており、本人としてはなんとしても駆けつけたかったのでしょうけど、かなわず電話出演。予定よりもどんどん復帰が延期しているのは心配です。年齢も69歳と無理させられない体になってきているのは確かでしょうし、今後が不安」と語る。

 とくもかくにも、本音が売りの大竹の怪気炎を1日も早く番組で聴きたいものだ。

最終更新:2018/06/29 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

大竹まこと『ゴールデンラジオ』長期欠席で大ピンチ! “代役なし”のワケは……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

エルトン・ジョン自伝映画

 人気ロックスター、エルトン・ジョンの半生を...…
写真
インタビュー

「7.22銃乱射事件」が映画化

 日本人にとって「3.11」は東日本大震災と福島第一原発事故を思い出させる重い数字と...
写真