日刊サイゾー トップ > 芸能  > 小林麻耶“問題発言連発”で精神面は!?

小林麻耶、安定の“ぶりっ子対応”で復帰アピールも、問題発言連発で精神面はいまだ完治せず!?

小林麻耶公式ブログより

 フリーアナウンサーの小林麻耶が6月27日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し“ある行動”について語ったことで、芸能界では波紋が広がっているという。

 テレビ局勤務のM氏はこう語る。

「麻耶さんが数秘術にハマって資格まで取得したことや、家で全裸で日光浴や月光浴をしていることを明かしたんですよね。これは世間的には“奇行”とも呼べるレベルの行為ですからね。麻耶さんのメンタルを心配する声が関係者内で続出してるんですよ」

 番組では、小林が体調不良で伏せっている時に「生命力をアップさせるためには朝日を浴びると良い」と勧められ、日光浴を実践するうちに服が邪魔だと感じるようになり、全裸で日光浴をするようになったとトーク。その後、月光浴にも全裸で挑戦し、現在では「裸が大好きになってしまって」という理由で、家に帰った瞬間にすぐ全裸になり生活をしているのだと楽しげに語り、スタジオを驚かせている。

 小林といえば、今年の4月10日に更新した自身のブログにて昨年6月にがんで亡くなった妹・小林麻央(享年34)についてのつらい気持ちを吐露。「結婚して幼い子供が2人もいる妹と独身の私。神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかったと思うのです」と思いつめたような一文を掲載し、ファンから「そんなこと絶対に思ったらダメです!」「自分を責めないで」といった心配のコメントが多数寄せられるという事態を招いたばかり。そんな中での今回の“奇行報告”ゆえ、関係者から「大丈夫?」の声が相次いでいるというわけだ。

「人間は心が弱ると占いや新興宗教など、オカルト方面に頼ってしまいがち。麻耶さんはもともと純粋で真面目なところがありますし、独身ということでそういった心の弱みにつけこんでくる輩から守ってくれる夫もいない。彼女が悪いやつのいいカモや広告塔にならないよう、事務所も警戒していると聞きました」(週刊誌記者)

 また、小林のメンタルを不安定にさせる心ない噂の1つが“海老蔵との再婚”である、と先ほどのM氏は語る。

「麻耶さんは6月23日に行われた小林麻央さんを『偲ぶ会』にて、自身と海老蔵が付き合っているという報道に触れて『そういう報道が出ないように麻央ちゃん見守っていてね』と話して笑いをとっています。この言葉について、偲ぶ会という場にそぐわないのではという批判も出ていますが、麻耶さんからすれば、それでも公の場でハッキリ否定したいくらいのイヤさなのはわかります」

 たしかに妹の夫と、妹が亡くなった後に交際するなどという噂は不謹慎きわまりなく、小林がどれほど嫌な思いをしたのかは想像に難くない。全裸で行動も個人の自由だから何ら問題はないものの、オカルト系のたちの悪い輩が寄ってくる可能性はおおいにあり得るので、重々気をつけてもらいたいところだ。

最終更新:2018/07/04 11:00

小林麻耶、安定の“ぶりっ子対応”で復帰アピールも、問題発言連発で精神面はいまだ完治せず!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

「眞子さま、結婚宣言」勝者は秋篠宮か小室圭さんか

今週の注目記事・第1位「秋篠宮が覚悟、眞子さ...…
写真
インタビュー

“町おこし”で地方がダメになる?

 いま日本の各地で「地方創生」が注目を浴びている。だが、まだ大きな成功例はあまり耳に...
写真