日刊サイゾー トップ > 芸能  > 峯田和伸に「男同士で××」の黒歴史

石原さとみ『高嶺の花』の恋人役・峯田和伸に「男同士で××」の“黒歴史”中学時代

銀杏BOYZ オフィシャルサイトより

 7月クールの注目ドラマの1つが、石原さとみ主演の『高嶺の花』(日本テレビ系)。同作で石原の恋人役を演じるのが、ロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸だが、峯田は、石原が聞いたらドン引き間違いなしの突飛な経験の持ち主だ。

 恋愛ドラマの名手・野島伸司が手がける『高嶺の花』は、美貌、キャリア、財力、家柄を備えた「月島もも」(石原)が、自転車店店主の平凡な男性と恋に落ちるというストーリーだ。恋人役の峯田は、銀杏BOYZで活動するかたわら、俳優としても活躍。昨年放送のNHKの朝ドラ『ひよっこ』で、有村架純演じるヒロインの叔父を好演したばかりだが、そんな彼が幾度となく披露しているエピソードが、中学時代の強烈な体験だ。音楽ライターが語る。

「峯田がブログでも書き残しており、インタビューや対談などでもたびたび披露しているのが、中学生時代の“鎖”というエピソードです。これは、性に目覚めた峯田が、同級生の男子の友人の家に集まり、『フェラチオって気持ちいいのかな』という言葉を合図に、男子同士でフェラチオし合ったというもの。鎖のように、上から見るとちょうど円の形になった状態で、無心でお互いのチンコを舐めたことを『人間の鎖だった』と表現しています。しかもそれは1回だけでなく、しばらく続けたそうです。今では朝ドラに出るようになった峯田ですが、かつてはステージで全裸になるのが“お決まり”で、幾度となく警察のお世話になっているロック界きっての問題児。そんな彼が石原さとみの恋人役ですから、時代の移り変わりを感じますね……」

 中学生男子が性欲を持て余すのは珍しいことではないが、男同士で“実践”するとは。石原さとみファンとしては、せめてキスシーンがないことを祈るだけ!?

最終更新:2018/07/11 17:00
こんな記事も読まれています

石原さとみ『高嶺の花』の恋人役・峯田和伸に「男同士で××」の“黒歴史”中学時代のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

【試し読みあり】失恋×グルメガイド

 3月に刊行されたコミック『失恋めし 京都・奈良・大阪・神戸編』(KADOKAWA)...…
写真