日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ルパパト』#22レビュー!

『快盗戦隊ルパンレンジャー』#22「人生に恋はつきもの」

●「エックスエンペラー」の合体・変形機構がすごいぞ!

 咲也のボンクラっぷりはいいとして、今回初登場したノエル専用のロボット「エックスエンペラー」は、すさまじい変形ギミックで燃えた!

 4台の「エックストレイン」が合体し、「エックスエンペラー・スラッシュ」になったと思ったら、側転することによって上下が入れ替わり、「エックスエンペラー・ガンナー」に変形。

 しかも元々は、ルパンエックス/パトレンエックスが持っていた「Xチェンジャー」なのだ。

 ヒーローなりきりアイテムのおもちゃを買ったら、電車に変形したー! ……と思ったら合体してロボットになったー! ……と思ったらひっくり返すと別のロボットになったー! ……という、子どもが鼻血吹き出すくらいコーフンもののギミックだ(そして、お父さん・お母さんのお財布も火を吹くぜ!)。

 ただ、「スラッシュ」のスマートな造型にくらべると、「ガンナー」の方は頭がみよーんと伸びてて、若干ブサイクに見えてしまうのは、複雑な合体・変形機構の都合上、仕方ないところだろうか。

 個人的には往年の「バトルフィーバーロボ」くらいシンプル・イズ・ベストなフォルムをしたロボットも好きなんだけど、やっぱり今時、合体・変形機構ナシだとおもちゃの売上げにひびいちゃうのかな?

 今の子どもは戦隊のロボットをクレヨンで描けるのか!? ちょっと心配だ(複雑すぎる造型だよ!)。

●次回は料理対決!?

 さて次回#23「ステイタス・ゴールド」では、新たな強敵・ライモン軍団(大門軍団と空耳しちゃったよ)が登場し、透真(濱正悟)が料理対決をするらしい。

 うーん意味分からないけど、楽しみだ。

 ノエル登場以来、ノエルが目立ちすぎてて、ギャングラー怪人どころか、ルパレン/パトレンの影も薄くなっている昨今。

 そろそろW戦隊+ギャングラー怪人、ポーダマン入り乱れての乱戦に期待したいところだ。

(文と絵=北村ヂン)

最終更新:2018/07/20 11:16
12
こんな記事も読まれています
関連キーワード

『快盗戦隊ルパンレンジャー』#22「人生に恋はつきもの」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

読書✕ヤンキー『どくヤン! 』

 もしも読書好きのヤンキーがいたら……いやい...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真