日刊サイゾー トップ > 芸能  > アナ不足の在京キー局が苦肉の策

在京キー局を苦しめる“アナウンサー不足”苦肉の策は「お払い箱アナの現場復帰」しかない!?

※イメージ画像

 蝶よ花よともてはやされ、アナウンサー業界の“あこがれの的”でもある在京キー局のアナウンサー陣。だが、近年は人員不足に泣かされているという。

「若い子にとってはチャンスなんだろうけども、人がいないとやっぱりキツいですよね」

 こう嘆くのは、在京民放キー局の中堅編成マン。これまで、売れっ子になりフリー転身後も安定した人気を誇るXをはじめ、数々のアナウンサーを間近で見てきたが「ここ20年くらいで、一番人がいないね」と笑う。

 聞けば、フリーランスの人気アナウンサーに自局番組のMC枠を譲りまくった結果、人材が育たず。その後、不況のあおりを受けて再び局アナにチャンスが回ってきても「スキルやノウハウが足りず、結局のところベテラン陣におんぶに抱っこの状況が続いている」というのだ。

 そもそも、アナウンサー減らしの発端を聞くと「売り上げが落ちて、会社に余裕がなくなったのがすべて。これまで、外注していたイベントMCなども、すべて自社でまかなわなければならなくなってしまった」という。

 その結果、特番やスポーツ中継が重なると、すぐにパンクして、人のやりくりができなくなる。そこで今増えているのが「お払い箱」になったアナウンサーの“復帰”だ。

「以前なら素行に問題があったり、人間関係が嫌でアナウンス部を飛び出したら、半永久的に復帰することはなかったが今はそんなことも言ってられない。基本的にはナレーションなど顔の出ない仕事が多いのですが、無理やり現場復帰させてしのいでいる状況。まあ、そんなこともあって空気が微妙な現場は案外、多いですよ」(同)

 今のアナウンサー業界は、なんとも寂しい現状のようだ。

最終更新:2018/07/17 06:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

在京キー局を苦しめる“アナウンサー不足”苦肉の策は「お払い箱アナの現場復帰」しかない!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真