日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高畑裕太、母と同居に、関係者あきれ

高畑裕太、母・淳子といまだ“同居”判明に関係者はあきれ顔「結局、芸能界はユルい……」

青年座映画放送 公式サイトより

 2年前の8月に、強姦致傷容疑で逮捕された(その後、示談が成立し不起訴)俳優の高畑裕太が、現在も母で女優の高畑淳子と“同居”していることが判明した。

 全国ネットのバラエティー番組に出演した母・淳子によると、自宅の下がアパートとなっており、現在、そこに長女とともに「息子が住んでいる」と明かした。

 無期限で芸能活動休止中の高畑裕太は、アルバイトで生計を立てていることを女性誌に報じられていた。先日も「週刊女性PRIME」に直撃取材の一部始終が掲載されており、「周囲に『舞台で芸能活動に復帰する』と漏らしているそうだが?」との問いに「いや、そんなことは全然ないですよ。復帰なんてできませんよ」と否定。その際にも、実家暮らしであることを明かしていた。

「週刊誌の取材に実家暮らしを告白している時点で『ああ、甘いな……』とみんな感じているが、それをギャラの出るテレビ番組で母親が改めて明言することに、誰になんのメリットがあるのかわからない。むしろ、2年前に迷惑をかけた被害者サイドの感情を逆なでしかねない言動であるということが、まだわかっていないのか」(芸能関係者)

 もっとも、高畑サイドは、「不起訴処分」になったことで事件を半ばなかったことにしようとしている感がある。

「結局のところ、復帰に関しても、母親の淳子が支援すれば、あっさり決まってしまいますよ。で、また同じようなことを繰り返すでしょうね。これがサラリーマンなら、とっくの昔にクビになって、二度と社会復帰もできないような状況なんですけど……。やっぱり、世間からは“芸能界はユルい”って思われるんでしょうね」(同)

 現在は、舞台の裏方の仕事も行っているという高畑裕太。セカンドチャンスはいつごろ訪れるのだろうか?

最終更新:2018/07/24 12:00

高畑裕太、母・淳子といまだ“同居”判明に関係者はあきれ顔「結局、芸能界はユルい……」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

【今週のコンビニ】梅雨を乗り切る系新商品

1年間に5000品超の新商品が並んでいる日本のコ...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真