日刊サイゾー トップ > 芸能  > 明石家さんま“テレ東出演”のウラ

明石家さんま、NHKに続き34年ぶりにテレビ東京に出演! 因縁和解で“あのウワサ”に現実味が……

明石家さんま

 明石家さんまが、7月14日放送の『出川哲朗の充電させてもらえませんか? 2時間スペシャル』(テレビ東京系)に出演したことが、話題となっている。

「さんまのテレ東出演は、実に34年ぶりでしたが、その理由について『’(レギュラー番組の)数字が良くて打ち切りになったのが、俺は本当にショックで。それでテレ東にはもう出ないってなった』と、初めて打ち明けました。これは81~84年に放送された『サタデーナイトショー』のこと。その真相については諸説ささやかれており、半ば都市伝説のように語られていましたが、これでハッキリしましたね」(芸能記者)

 だが、30年以上にもわたる禁を、なぜいま、自ら解くことになったのか?

 番組内では、「出川の頼みやから」と話していたが、さんまに近い関係者は「さんまなりの“終活”かもしれません」と語る。

「7月1日で63歳になったさんまは、還暦突入を前に『60歳での引退』を宣言していたものの、周囲の説得もあって、これを撤回。同期の盟友・島田紳助の帰ってくる場所を守っておいてやろうというのが、そのモチベーションだったといいます。しかし、どうやら紳助にはその気がないことがわかり、また引退説が浮上していました。今回のテレ東出演は、そんなさんまの“立つ鳥跡を濁さず”の精神を感じます」(同)

 つまり、引退を後悔しないように、不義理をして心を残すテレ東との関係を修復しておこうということだというのだ。

「さんまは、16年に放送された『第1回 明石家紅白!』で、朝ドラ『澪つくし』以来、31年ぶりにNHKへ出演。4月に放送された第4回まで出演を重ねており、もはや完全に雪解けムードです。紅白歌合戦の司会にも興味ありの姿勢を見せており、国民的歌番組を引退の花道に、というプランかと、関係者をざわつかせています。いずれにせよ、さんまの心は、あらためて引退に向いているのは間違いないのでは」(同)

「引退といっても、あくまでテレビからの撤退というだけで、余生は、気の置けない仲間たちを募って、全国を舞台で回りたいと話していましたね。そこに紳助を招へいするというプランもあるそうで、今も連絡を取り合っているといいます」(前出・芸能記者)

 お笑い界のトップランナーとして40年以上も走り続けてきた男が、どんな引き際を演出するのか? その笑いで育った我々にも、しっかり見届ける義務がありそうだ。

最終更新:2018/07/24 11:17
こんな記事も読まれています

明石家さんま、NHKに続き34年ぶりにテレビ東京に出演! 因縁和解で“あのウワサ”に現実味が……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

岡村がビビる松本をイジる若手

テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(...…
写真
インタビュー

元NHK堀潤氏が語る権力とメディア

 マスメディアには権力を監視する役割があると言われるが、果たして本当だろうか? 籾井...
写真