日刊サイゾー トップ > 芸能  > 訛りまくりの美少女・王林とは一体?

『さんま御殿!!』出演の訛りまくり美少女・王林に大注目! RINGOMUSUMEがブレイクの予感

RINGOMUSUME(りんご娘) 公式Twitter(@ringomusic_sf)より

 7月24日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、青森県のローカルアイドル「RINGOMUSUME」のリーダー・王林が出演。初出演で爪痕を残した彼女に注目が集まっている。

 番組でまずMCの明石家さんまから話を振られると、クセの強い訛り口調と芸名から中国人だと勘違いされた王林。青森県民だと訂正するが、「私中国人の方がよかったですか?」と天然な発言でスタジオを沸かせる。あまりの訛りっぷりは共演者の大久保佳代子も「アグネス・チャンみたい」とツッコむほど。

 さらにヒロミがAIスピーカーについて話した後、「どう思う?」と再度話を振られることに。王林は「私だけなのかもしれないけど、青森にまだそういう文化は流れてない」ととんちんかんな回答。共演者から総ツッコミを受けたが、この言葉がこの回の“踊るヒット賞”に選ばれていた。

「ネット上では王林に対して、『めちゃくちゃ顔が可愛いし、訛りも可愛くてこれは売れるわ』『多分王林さんはまたさんま御殿に呼ばれるね』『一瞬で王林ちゃんのファンになってしまった』『王林ちゃんに笑いの神がえげつない頻度で降りてくるwww』といった声が続出。知名度の低かった王林ですが、この出演によって一気にブレイクしていくかもしれません」(芸能ライター)

 王林が所属している「RINGOMUSUME」は、2000年7月に青森県で結成されたボランティア集団の中から誕生。ダンス&ボーカルユニットであり、これまでにはいくつか楽曲もリリースしていた。メンバーチェンジを繰り返し、現在は98年生まれの王林がリーダー。他には98年生まれの“とき”、01年生まれの“ジョナゴールド”と“彩香”が在籍している。

「『RINGOMUSUME』は9月16日に初の東京ワンマンライブを敢行予定で、これからの活躍が注目されています。しかしまだまだ出始めのため、グループは『さんま御殿!!』に出演しただけでお祭り騒ぎ。『RINGOMUSUME』の公式Twitterでは、“踊るヒット賞”を獲得したことで歓喜の舞を披露している王林の動画をアップしていました」(同)

 果たして今回の出演をきっかけに「RINGOMUSUME」は大ブレイクとなるのだろうか。今後の活躍に注目だ。

最終更新:2018/07/25 16:30
こんな記事も読まれています

『さんま御殿!!』出演の訛りまくり美少女・王林に大注目! RINGOMUSUMEがブレイクの予感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

瓜田純士が逃走犯をプロファイリング

 大阪府警富田林署の面会室から脱走した樋田淳也容疑者(30)が、1週間以上たった現在も...
写真