日刊サイゾー トップ > 芸能  > 早見あかり結婚も炎上しなかったワケ

元ももクロ・早見あかり結婚も「炎上」にならなかった“悲しいワケ”とは……?

早見あかり オフィシャルウェブサイトより

 アイドルグループ、ももいろクローバーZの元メンバーで女優の早見あかりが23日に会見を開き、一般人男性と年内に結婚すると発表した。

 4年の交際を経て、23歳で結婚することを決断した早見は、30代前半というお相手について「私の話をにこにこして聞いてくれる、優しい人」と説明。また、4回プロポーズされたことも明かした。最後には「順を踏んでる婚で、事務所や両親への報告をきっちりやった“キチキチ婚”です」と締めくくった。

 現在は女優として数々の作品に出演している早見にはアイドル時代からのファンも多いが、世間では思ったほど大きな話題にならなかった印象が強い。

 在京テレビ局スタッフは「正直に言います、悲しいことですが、ワイドショー的には早見さんへの需要がないからです……」と言い切る。

 婚約会見は都内のテレビ局で行われ「テレビ各局のクルーも取材に行きましたが、その裏では情報番組のデスクと調整する上で『うちはちょっと……』と色よい返事をしない番組が多かったと聞いています。その理由は、早見はもちろんのこと、ももクロ自体に以前のような人気や話題性がないからです」(同)。

 別の芸能関係者も「ニュースバリューが低いという判断をされたのでしょう。ただ、大手芸能事務所の子なので、取材に行かなかったら、それはそれでいろいろとややこしくなる。それで、渋々クルーを出したというのが本音でしょうね」と話す。

 とはいえ、女優としての実力は評価されている早見。公私ともに充実した日々を送ることになるだろう。

最終更新:2018/12/12 17:41

元ももクロ・早見あかり結婚も「炎上」にならなかった“悲しいワケ”とは……?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

『鬼滅の刃』はジブリ超え大ヒットになるか?

アニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興収が公開10日間で100億円突破で『千と千尋の神隠し』超え!?
写真
人気連載

『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』レビュー

「この映画は大音量で上映すべし」  ...…
写真
インタビュー

人間の本性としての暴力と協力

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真