日刊サイゾー トップ > 芸能  > 笑いに貪欲な俳優って!?

山里亮太も“名指し”でディスった! 現場の空気を悪くする「お笑いわかってますよアピール俳優」って誰だ!?

「ホットロード」公式サイトより

 俳優が出演作の宣伝という名目でバラエティー番組に出演する機会も多い昨今。芸人ばりの面白トークで人気となるケースも少なくないが、中にはバラエティー番組での立ち居振る舞いが鼻につくと、嫌われてしまうこともある。

「バラエティー番組に出る俳優さんは、大きく分けて2種類。受け身になるタイプと、積極的にボケていくタイプです」(バラエティー番組に携わる放送作家)

 演技のプロではあっても、トークのプロではない俳優。主戦場ではないバラエティー番組では、受け身でいるほうがリスクは少ないといわれている。

「バラエティー番組には百戦錬磨のMCや芸人さんたちがいるわけで、その人たちがうまくイジってくれる。基本的には、彼らに任せておけばいいだけなんですよ。面白い返しが出てくればもちろんウケるし、真面目な返ししか出てこなくても、俳優なんだからと許される。番組サイドとしては、受け身の俳優さんのほうが扱いやすいですね」(同)

 一方で、自分から積極的にボケていくタイプの俳優は、現場で嫌われてしまうことも多いようだ。

「空気を読まずにボケていく俳優さんは、やはり扱いづらいですからね。番組MCへの負担も大きくなってしまいます。ただ、こういうタイプの俳優さんは、適切にツッコむことができればどうにかなるので、まだマシなんですよ。本当に面倒なことになりやすいのが、空気を読んでボケてくるタイプの俳優さんなんです」(同)

 空気が読めているのであれば、むしろありがたいような気もするが……。

「関西出身の俳優さんにありがちなんですが、自分が芸人さんと同じくらい笑いを理解しているというスタンスでボケてくるんですよ。確かに、お笑いセオリーをしっかり踏襲できていることも多いんですが、共演している芸人さんにしてみれば、その姿がとにかく鼻につくんです。俳優さんがボケてウケるたびに、ひな壇の芸人さんの機嫌が悪くなっていく……という悪循環が生まれてしまう。現場の空気も最悪になっていくし、本当に面倒くさいですね」(同)

 そういった面倒くさい空気を作り出してしまう俳優とは、誰なのだろうか?

「たとえば桐谷健太さん。大阪出身ということもあって、“俺、お笑いわかってますよ”というアピールがすごい。そういった空気感を嫌っている芸人さんは多いですね。南海キャンディーズの山里亮太さんなどは、ラジオでも普通に桐谷さんのことをディスってましたよ(笑)」

 餅は餅屋。異業種に土足で踏み込む人物は、あまり歓迎されないようだ。

最終更新:2018/08/27 12:11
こんな記事も読まれています

山里亮太も“名指し”でディスった! 現場の空気を悪くする「お笑いわかってますよアピール俳優」って誰だ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

最恐メンタル、クロちゃんの真実

 単なるウソつきか、それともモンスターなのか――。仕掛けるたびにスタッフすら...
写真