日刊サイゾー トップ > 芸能  > 剛力「煽りキャラ」でオファー殺到?

剛力彩芽、インスタに前澤社長の写真公開が奏功!? 「煽りキャラ」でバラエティー出演オファー殺到か?

剛力彩芽

 ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長との交際を公表してからというもの、何かと世間をお騒がせしている剛力彩芽。業界内では、いろいろな意味で熱視線が送られている。

 W杯ロシア大会の決勝戦を前澤社長と観戦し、スタジアムの前で撮影した写真をインスタグラムにアップした剛力。すると“浮かれすぎ”などの批判が集中、芸能界からも苦言を受け、剛力は謝罪するとともに、過去の投稿を全削除するに至った。

 しかし、剛力はすぐさま前澤社長の写真をアップ。炎上など関係なく、プライベートの様子をどんどんインスタで公開していく姿勢を見せたのだ。

「剛力さんは、炎上したからといって弱腰になったのではなく、むしろ開き直ってガンガンにアピールしていくスタンスを決めたといえるでしょう。完全に“炎上キャラ”になりましたね。この挑発的な行動に、芸能メディアも“剛力はイジっていいのだな”と判断したと思います」(週刊誌記者)

 そんな剛力に対しては、心配する声も上がっている。

「剛力さんが所属するオスカープロモーションは25歳まで恋愛禁止とされています。それをしっかり守っていた剛力さんは、やっと恋愛が解禁されて前澤さんと付き合うこととなった。でも恋愛が解禁されたからといって、大っぴらにしてもいいというわけではないんですよね。剛力さんは、恋愛を禁止されている時期が長かったせいで、そのへんのさじ加減がまったくわからないのかもしれません」(芸能関係者)

 その一方で、ネットユーザーたちをガンガンに煽っていくスタイルに新たな可能性を感じるという意見も。ある放送作家は話す。

「ネット上で何を言われても自分を曲げない剛力さんなので、今こそバラエティーにも積極的に出て、自分の恋愛話や炎上話をどんどんイジられていくのもいいかもしれないです。ここまでの“強心臓キャラ”だとは誰も思っていなかっただろうし、そのギャップも面白いと思います」

 ネット上では“ゴリ押し”と言われ、以前から叩かれていた剛力だが、業界内での評判は決して悪くない。前出の放送作家はいう。

「スタッフの名前はすぐ覚えるし、とても明るくて文句も言わないし、仕事をしたスタッフはみんないい印象を持っていると思います。だからこそ、今回の騒動は驚きだったんですが、かといって剛力さんを叩くような雰囲気はない。“面白そうだから、テレビで本音を言わせたい”と企んでいる番組スタッフ、“煽りキャラ”としての剛力に出演オファーをする番組が増えてもおかしくありません」

 バラエティー番組で、ナチュラルに視聴者を煽りまくる剛力の姿を見てみたいものだ。

最終更新:2018/08/02 10:00
こんな記事も読まれています

剛力彩芽、インスタに前澤社長の写真公開が奏功!? 「煽りキャラ」でバラエティー出演オファー殺到か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

瓜田、ジャニーさんの少年愛に持論

 解散、脱退、不祥事など、このところジャニー...…
写真
インタビュー

話題の“伝説の不良”の素顔

 平成最後の年の暮れ。『歌舞伎町 阿弥陀如来』という自らの半生を綴った著作を刊行し、...…
写真