日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋一生を起用するフジの残念さ

フジテレビ、人気急降下中の高橋一生を10月期ドラマで主演起用の見る目のなさ 「田中圭を主演にするべき」と嘆き

舞プロモーション公式サイトより

 ここ数年、どん底状態から抜け出せないフジテレビだが、今年7月のドラマに関してはなかなか好調の様子。月9の『絶対零度 〜未然犯罪潜入捜査〜』は初回平均視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の2ケタスタートとなり、7月30日放送の第4話では11.7%で自己最高を記録した。木曜夜10時の『グッド・ドクター』も初回視聴率は11.5%、さらに7月26日放送の第3話で、こちらも自己最高となる11.6%を獲得している。

 2ケタ超えで成功といわれる最近のテレビドラマ業界では、大健闘のフジ。しかし、火曜夜9時の『健康で文化的な最低限度の生活』(以下、ケンカツ)については、初回が7.6%、第2話が5.5%、第3話が5.8%と、低空飛行を続けている。

「主演の吉岡里帆には抜擢感はあるものの、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でブレイクした田中圭や、1月期放送の『アンナチュラル』(TBS系)での演技でファンを増やした井浦新といった、旬の俳優が出演しているという意味では、話題性も高いはず。にもかかわらず視聴率が跳ねないのは、なんとも寂しい話ですね」(テレビ誌記者)

『ケンカツ』のキャスティングについて、フジテレビの“見る目のなさ”を指摘する関係者もいるようだ。

「旬な田中や井浦を使うなら、2人ともメインを張らせるべき。『ケンカツ』は完全に、役者の無駄遣いになっていますね。井浦はまだしも、田中の出番が少なすぎます。フジとしては、田中がここまでブレイクするとは思っていなかったんでしょう。見る目のなさが露呈しています」(ドラマ関係者)

 そんな同局では、10月クールに高橋一生の主演ドラマがスタートするという。高橋にとって、民放ゴールデン・プライム帯連続ドラマでの主演は初めてのことだ。

「高橋がブレイクしたのは2016年から2017年にかけてです。その後、森川葵との熱愛発覚などもあり、むしろ人気は急降下しているところ。それなのに、このタイミングで高橋を主演に起用してしまうというのが、フジが低迷するゆえんなのでしょう。それこそ高橋ではなく、田中の主演ドラマを制作するべきですよ」(同)

 今期こそ調子がいいフジのドラマだが、このままでは単なる“まぐれ当たり”で終わってしまう可能性も高そうだ。

最終更新:2018/08/05 12:00

フジテレビ、人気急降下中の高橋一生を10月期ドラマで主演起用の見る目のなさ 「田中圭を主演にするべき」と嘆きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

「女子メンタル」峯岸みなみの攻防と彼女たちの“物語”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

瓜田純士、実父への想いを歌う

「親父、調子はどうだ?」――ユーチューバーとして、そしてミュージシャンとして精力的...
写真