日刊サイゾー トップ > 芸能  > 高橋一生を起用するフジの残念さ

フジテレビ、人気急降下中の高橋一生を10月期ドラマで主演起用の見る目のなさ 「田中圭を主演にするべき」と嘆き

舞プロモーション公式サイトより

 ここ数年、どん底状態から抜け出せないフジテレビだが、今年7月のドラマに関してはなかなか好調の様子。月9の『絶対零度 〜未然犯罪潜入捜査〜』は初回平均視聴率10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の2ケタスタートとなり、7月30日放送の第4話では11.7%で自己最高を記録した。木曜夜10時の『グッド・ドクター』も初回視聴率は11.5%、さらに7月26日放送の第3話で、こちらも自己最高となる11.6%を獲得している。

 2ケタ超えで成功といわれる最近のテレビドラマ業界では、大健闘のフジ。しかし、火曜夜9時の『健康で文化的な最低限度の生活』(以下、ケンカツ)については、初回が7.6%、第2話が5.5%、第3話が5.8%と、低空飛行を続けている。

「主演の吉岡里帆には抜擢感はあるものの、『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)でブレイクした田中圭や、1月期放送の『アンナチュラル』(TBS系)での演技でファンを増やした井浦新といった、旬の俳優が出演しているという意味では、話題性も高いはず。にもかかわらず視聴率が跳ねないのは、なんとも寂しい話ですね」(テレビ誌記者)

『ケンカツ』のキャスティングについて、フジテレビの“見る目のなさ”を指摘する関係者もいるようだ。

「旬な田中や井浦を使うなら、2人ともメインを張らせるべき。『ケンカツ』は完全に、役者の無駄遣いになっていますね。井浦はまだしも、田中の出番が少なすぎます。フジとしては、田中がここまでブレイクするとは思っていなかったんでしょう。見る目のなさが露呈しています」(ドラマ関係者)

 そんな同局では、10月クールに高橋一生の主演ドラマがスタートするという。高橋にとって、民放ゴールデン・プライム帯連続ドラマでの主演は初めてのことだ。

「高橋がブレイクしたのは2016年から2017年にかけてです。その後、森川葵との熱愛発覚などもあり、むしろ人気は急降下しているところ。それなのに、このタイミングで高橋を主演に起用してしまうというのが、フジが低迷するゆえんなのでしょう。それこそ高橋ではなく、田中の主演ドラマを制作するべきですよ」(同)

 今期こそ調子がいいフジのドラマだが、このままでは単なる“まぐれ当たり”で終わってしまう可能性も高そうだ。

最終更新:2018/08/05 12:00
こんな記事も読まれています

フジテレビ、人気急降下中の高橋一生を10月期ドラマで主演起用の見る目のなさ 「田中圭を主演にするべき」と嘆きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

ラグビーW杯、NZの魅力とは?

 空前絶後の盛り上がりを見せているラグビーW...…
写真
インタビュー

モラハラ夫がそれに気づくまで(4)

 農林水産省の元事務次官の熊澤英昭容疑者が44歳の長男を殺害した事件では、息子による...
写真