日刊サイゾー トップ > 芸能  > 干される可能性のある大物芸能人

18年上半期は芸能人が続々と事務所を退所! 干される可能性のある大物芸能人たち

真木よう子

 芸能界では所属事務所とトラブルを起こすと干されると噂されているが、最近は多くのタレントが事務所と対立。移籍したり独立するなどして、タレントたちが反旗を翻している。

 18年1月に発覚したのは、真木よう子の事務所独立。『女性自身』(光文社)によると、真木は12月23日に所属事務所「フライングボックス」を退所。真木は以前から事務所と揉めており、契約更新をやめたという。しかし18年5月に映画『孤狼の血』、6月に『焼肉ドラゴン』などの出演作が公開され、その際はバラエティ番組にも顔を出して特に変わらず仕事をしていた。

「事務所から独立しても、以前から受けていた仕事はそのまま継続となるケースがあるようです。小泉今日子は18年2月1日にバーニングプロダクションから独立しましたが、独立前に決まっていた仕事はそのまま引き受けるとコメント。新しい所属事務所『株式会社明後日』のサイト内で、『現在上演中の舞台「お蘭、登場」、秋に公開予定の映画「食べる女」、2019年放送予定のテレビドラマ。この3件が独立前に決まっていた仕事になります』と明かしていました。そのため、真木が事務所独立によって干されることになるのかどうかはまだわかりません」(芸能ライター)

 5月には宮崎あおい、多部未華子、松岡茉優の3人が揃って、芸能事務所・ヒラタオフィスからヒラタインターナショナルへ移籍。『女性自身』によると宮崎はヒラタオフィスの新社長に不信感を抱いており、松岡はマネージャーから受けたパワハラがトラウマになっていたという。

「加瀬亮は3月に芸能事務所・アノレから独立し、個人事務所を設立。満島ひかりも3月に所属していた事務所・ユマニテから独立してフリーになったと明かされました。2人は円満に独立できたようですが、一方で5月に事務所移籍を発表した広瀬香美はドロドロ状態です。前事務所が“広瀬香美”の芸名使用禁止を求めているとの報道が。能年玲奈が事務所独立によって“のん”と改名したケースに非常に似ています」(同)

 のんはいまだに地上波で観る機会がかなり少なく、干されている状態が続いていると思われる。果たして今年事務所を退所したタレントたちは、今後ものびのびと活動できるのだろうか。

最終更新:2018/08/14 15:00
こんな記事も読まれています

18年上半期は芸能人が続々と事務所を退所! 干される可能性のある大物芸能人たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

進次郎をダメにした記者と永田町

今週の注目記事・第1位「菅原一秀経産相『秘書給...…
写真
インタビュー

『カニバ』佐川一政が再会を願う女優

 パリ人肉事件を起こした佐川一政の近況を追ったドキュメンタリー映画『カニバ/パリ人肉...
写真