日刊サイゾー トップ > 芸能  > ヤバすぎる吉崎綾の日本語レベル

吉崎綾がヤバすぎる……「オランゲ」「びしりたり」「げぼく」誤読連発で視聴者震撼!!

「Querl ENTERTAINMENT」公式サイトより

 8月9日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、福岡出身のアイドル・吉崎綾が出演。キュートなルックスからは想像もつかない強烈な個性を発揮してしまい、「顔は十分可愛いのにキャラを売らんでも…」「天然だとしたらぶっ飛びすぎ」といった声が上がっている。

 吉崎は今回の放送で、“お笑いコンビ・ナイツのようなアイドル”としてスタジオに登場。その例えの通り、紹介VTRの中で「ORANGE(オレンジ)」をスペルそのままに「オランゲ」と発音してしまう。さらに吉崎は「誹謗中傷」を「脂肪吸引」、「入りびたり」を「びしりたり」と言い間違えるなど日本語にも不安が。

 時事問題では、“最近あった世界的に有名な会談は?(米朝首脳会談)”という質問に「ミュージックステーションの階段しか思いつかない」と頓珍漢な回答。“現在のアメリカのトップは”との問いには、「アベマじゃない?」と切り返している。

 次々と明らかになる吉崎の“ダメっぷり”に、ネット上では「滝沢カレン以上だな。アホすぎて見てられない」「笑えるバカと笑えないバカは全然違う。吉崎綾は間違いなく後者」「めっちゃ可愛いコなのにいろいろ残念すぎる…」「最初は笑って見てたけど、これはホンマもんのアウトな頭ですね」といった声が続出。強烈すぎるキャラクターが、逆に視聴者の不信感を招く結果となった。

「番組では吉崎の楽曲をプロデュースしている、元チェッカーズ・鶴久政治にもインタビュー。レコーディング中に昼寝したり、LINEで大事な要件を送っても数カ月未読など、吉崎の“超アウト”な様子が明かされています。鶴久も呆れ果てているようで、スタジオのマツコ・デラックスと矢部浩之に『ガツンと言ってもらいたいです』と訴えていました」(芸能ライター)

 吉崎は日本とフィリピンのハーフで、『ラストアイドル』(テレビ朝日系)のオーディションで5000人の中から勝ち残るほどの美貌の持ち主。ファンからは“福岡の奇跡”と称えられており、マツコも「キレイなコはみんなお母さんがフィリピンの人ね」「こんな人生まれないもん」と美貌については認めている。

「吉崎の危うげな日本語は本人曰く『血筋』だそうで、母親も『コブクロ』のことを『ゴキブリ』と言い間違えていたそうです。番組ではその後も吉崎の言い間違いが次々と明るみになっており、『セルフ』を『セフレ』、『下北』を『げぼく』などと笑えないようなワードも連発していました」(同)

 ハーフという点で、日本語に不慣れなところがあるのは仕方のないこと。マスターすれば“第2の橋本環奈”として大ブレイクするかも?

最終更新:2018/08/10 15:30
こんな記事も読まれています

吉崎綾がヤバすぎる……「オランゲ」「びしりたり」「げぼく」誤読連発で視聴者震撼!!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

多部未華子のユーモアと愛嬌

 10月1日、”多部ちゃん”こと多部未華子が...…
写真
インタビュー

酒井萌衣が語る48とアイドル界

 今や、国内だけで300人を超える巨大組織となった48グループ。その公式ライバルとして...
写真