日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > モー娘。、欅坂が『ロッキン』で大絶賛!

モー娘。、エビ中、アンジュルム、欅坂が「ロッキン」で大絶賛! アイドル戦国時代は終わっても、アイドル文化は終わらない!

「rockin’onフェス」公式Twitter(@rockinon_fes)より

 国内最大規模音楽フェス『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』が茨城県の国営ひたち海浜公園で、8月4、5、11、12日の4日間にわたり開催された。今年、大きな注目を集めたのは女性アイドル勢だった。

「初日のメインステージ・GRASS STAGEでトップバッターを飾った欅坂46、バンドセットで出演したBiSH、ももいろクローバーZ、初出演となったモーニング娘。’18、私立恵比寿中学、今年で2回目のアンジュルムなど、主にメジャーどころのアイドルグループが出演したのですが、いずれも高評価でした。特に最終日は、LAKE STAGEのモー娘。、SOUND OF FORESTのエビ中、BUZZ STAGEのアンジュルムが各ステージのベストアクトといっても過言ではないくらいに盛り上がっていました」(音楽ライター)

 2013年と14年には“アイドル戦国時代”のブームに乗って、多数のアイドルグループたちがロッキンに出演。しかし、15年以降は減少傾向にあった。

「15年以降、“1万人規模の単独公演ができるアイドルグループ”のみの出演に絞られたといわれています。ブームが一段落したことで、フェスにおけるアイドルグループの立ち位置も変わったということでしょう」(同)

 昨年から今年にかけて、中堅どころのアイドルグループの解散が相次いでいる。もはや“アイドル戦国時代”も終結といった雰囲気だが、今年のロッキンでのアイドルグループの盛り上がりを見る限りでは、決してアイドルの勢いそのものが終わったということではなさそうだ。

「1万人規模の集客が難しい中堅グループがビジネス的に限界だというのは事実ですが、1万人規模のライブをコンスタントに行うことができるアイドルグループはむしろ人気も実力も充実しているという印象です。特に今回は音楽フェスへの出場そのものが初めてだったモー娘。のインパクトは相当なもので、最後の大物の登場は、時代の変化を印象づけました。“アイドル戦国時代”とはまた一歩離れたところで、高いクオリティーのアイドル文化が存在しているということを、しっかりとアピールできたといえるでしょう」(同)

 マイナーなアイドルグループがひしめき合う“戦国時代”は終わり、メジャーなアイドルグループが存在感を発揮する時代が到来しそうだ。

「そもそも、複数のグループが客を取り合う“アイドル戦国時代”という状況が異常なのであって、各グループそれぞれにファンがいるのが普通。ロックバンドだって、ライバル関係にあったとしても、“戦国時代”と称されるしてくくられることはないですからね。今後は、メジャーなアイドルグループたちが、特に“アイドル”というくくりにとらわれることなく、J-POP界で活躍する時代となるでしょう」(同)

 本当にアイドルシーンが面白くなるのは、むしろこれからなのかもしれない。

最終更新:2018/12/12 17:49

モー娘。、エビ中、アンジュルム、欅坂が「ロッキン」で大絶賛! アイドル戦国時代は終わっても、アイドル文化は終わらない!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

菅首相NHK“事実上国営放送化”でメディア掌握か

 今週の注目記事・第1位「GoToズサン運営...…
写真
インタビュー

片山監督推薦の“韓国サスペンス作品”

――近年『新感染』『神と共に』など、国内でもメガヒット作を連発している韓国映画。そし...
写真