日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > それぞれのヲタクの“幸せ”のかたち
“生涯ドルヲタ”ライターの「アイドル深夜徘徊」vol.15

それぞれのヲタクの“幸せ”のかたち――ドラマ『婚外恋愛に似たもの』最終話

 雅が社長になって数カ月後、スノホワの単独ライブの日がやってきた。楽屋でスタッフとしてメンバーを送り出すドルヲタ5人、彼らがステージに向かうと、ヲタクの顔に戻って、喜びにむせぶのだった。

 雅の元へは、父親から電話があり、ディセンバーズの経営再建を褒められる。昌子の息子は、事務所のスクールに入ることになった。真弓は、新人文学賞を受賞し、再び作家へのスタートラインに立つ。すべてが幸せな方向に動き出した。

 半年が経ち、真弓は作家として、真美はそのマネジャーとしてディセンバーズ事務所と関わることになる。昌子は引き続き雅のマネジャーとなり、忙しい日々を送っていた。そしてこの物語の主役でもある美佐代はというと、経営には一切かかわらず、相変わらずいちファンとして、スノホワを応援していた。

「結局、あの人が一番優雅だよね」

 4人は美佐代のことをどこか羨ましくも感じるのだった。

 今回のエンディングは、原作にはないもので、ドラマのオリジナルだという。この、最後にいろいろな問題が収束していく流れは、見ていて実に気持ちがいい。良質の推理ドラマで、犯人が明らかになっていくような高まりを感じる。多少できすぎなくらいのほうが、ドラマとしては楽しめるのだ。

 こうして、それぞれの方向で、ヲタクを極めた5人、スタッフ側に回った人も、ただのファンでい続けた人も、どちらも幸せそうだ。

 多分、どちらがいいかなどという正解は無いのだ。ただ一つ言えることは、アイドル自身は、スタッフにもファンにも、同じような感謝の気持ちを持ち、日々頑張っているということだ。どちらとの距離が近いということはない。それぞれにそれぞれの関係性を持って、アイドルと接していけばいいだけのことなのだ。

 少しだけアイドルに近いところに行ったヲタクから言わせてもらえば、私がお仕事させていただいたアイドルさんは、皆、とても可愛くていい方ばかりだった。それは、何より幸せなことだなと感じている。

 こうして幕を閉じたドルヲタの物語。あるあると共感したり、我が身を見るようで苦笑したりと楽しませてもらった。この世界にアイドルというものが存在する限り、ヲタクの苦悩と幸福の物語はまだまだ生まれるのである。

 すべてのアイドルとファンに幸多からんことを!

(文=プレヤード)

最終更新:2018/12/18 16:05
12

それぞれのヲタクの“幸せ”のかたち――ドラマ『婚外恋愛に似たもの』最終話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

『あさイチ』華丸・大吉の降板説浮上も

 お笑いコンビ、博多華丸・大吉とNHKの...…
写真
インタビュー

次世代コント「ゾフィー」の野望

「ネタの状況設定が本当に面白い。宝物みたいな設定」。コントのトップランナー・東京03...
写真