日刊サイゾー トップ > 芸能  > ギャップがすごいフルチン芸人

アキラ100%、フルチンで母親に手紙を読み「字が凄い綺麗で絶対いい人なんだって思った」と話題に

アキラ100% オフィシャルブログより

 8月16日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、お笑いタレントのアキラ100%が出演。母親へ直筆の手紙を読み上げ、「字がめちゃめちゃ綺麗」「おぼん姿と字のギャップがスゴイ」と話題になっている。

 同日の放送は“夏休み! 芸能人親子大集合SP”と題して、芸能人親子がエピソードを明かしていった。番組終盤にアキラ100%は、トレードマークのおぼんをテープで留めて母親・福子さんへ感謝の手紙を朗読。その手紙には、大学を卒業してから働かず迷惑をかけたことや売れない時期を支えてくれた両親への愛の言葉が。大真面目な手紙をほぼ裸の男が読み上げるシュールな絵面になったものの、スタジオは感動の空気に包まれていた。

「アキラ100%の手紙に、視聴者からは『アキラの手紙マジで泣ける……』『ノー笑いでお母さんに手紙書いてて、ただの好青年だった』『フルチンで親に手紙読むとかヤバイけど、めちゃくちゃ感動した』といった声が上がっています。また朗読中に直筆の手紙がテロップで流されたのですが、『アキラの字がキレイで好きになる』『手紙に感動したけど、それ以上に達筆過ぎて感動。育ちが良いんだろうな』『アキラ100%の手紙、ホントに感動する。そして字が凄い綺麗で絶対いい人なんだって思った』『お母さん着物だったし、育ち良いんだろうなぁ。能ある鷹は股間を隠すってか……』などの声も。裸芸と字の綺麗さのギャップに驚く人が続出していました」(芸能ライター)

『R-1ぐらんぷり2017』(フジテレビ系)で優勝して以来、テレビで見かけることが多くなったアキラ100%。実は意外な経歴を持っており、裸芸以外でも活躍している。

「アキラ100%は、中学・高校の社会科の教員免許を持っているインテリ芸人です。昨年11月放送の『超問クイズ! 真実か? ウソか? 芸能界クイズ王決定戦! SP』(日本テレビ系)に出演したアキラ100%は、一般正解率1%以下の『世界の人口上位10カ国を100秒以内にすべて答えよ』という難問に見事正解しました。その後も『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)などのクイズ番組に出演中。芸風とのギャップに『アキラ100%好きじゃなかったけど、インテリ系って聞いてから手のひら返してる』『小島よしおもそうだけど、裸芸人で実は頭いい人ってなんかズルい』『教員免許持ってる人が、フルチンでおぼん芸やってると思うとめちゃくちゃ笑えてくる』といった声も上がっています」(同)

 今年7月に「日経エンタテインメント!」が発表した「一番嫌いなお笑い芸人」で、アキラ100%はとんねるずの石橋貴明と同率で1位に。今後優等生キャラを押し出していけば、好感度をもっとあげられるかもしれない。

最終更新:2018/08/18 06:00

アキラ100%、フルチンで母親に手紙を読み「字が凄い綺麗で絶対いい人なんだって思った」と話題にのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

動機なき連続殺人鬼の記録映画

 一部のマニアのみに知られていた「封印映画」...…
写真
インタビュー

からし蓮根がたどり着いた熊本弁漫才

2画面左からボケの伊織とツッコミの杉本青空(撮影=荒熊流星)  ついに明日、今年のNo....
写真