日刊サイゾー トップ > 社会  > 金子恵美元衆院議員がテレビで大活躍

金子恵美元衆院議員がバラエティーで大活躍!“適度なサービス精神”で制作サイドも「使いやすい」と高評価

オフィシャルブログより

 今年に入って急激にテレビ出演を増やしているのが、元衆議院議員の金子恵美だ。2017年10月の衆院選で落選してからは、夫である元衆議院議員・宮崎謙介と共にバラエティー番組出演を解禁。夫婦での出演も多いが、徐々に金子単体での出演が増えている。

「『サンデージャポン』(TBS系)、『5時に夢中!』(TOKYO MX)などの情報番組のほか、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)や『踊る!さんま御殿!!』(同)などのトーク番組にも出演。元議員として政治や社会問題に関するトークだけでなく、プライベートの話もできるのは強みです」(テレビ局関係者)

 夫である宮崎の不倫騒動をイジられたり、「ミス日本ファイナリスト」という経歴について触れられたり、幅広いトークを展開する金子。番組制作サイドの評判も上々だ。

「まだ40歳という年齢ですが、人生経験も豊富。トークの方も適度なぶっちゃけ感と適度なサービス精神で、とてもバランスがいい。元議員というと、上西小百合さんのように妙に頑張りすぎて空回りするケースも多いんですが、金子さんの場合はそれもないので、安心できます。炎上キャラでもないし、制作サイドとしては使いやすい。このままタレントをメインに活動していっても、それなりの結果を残せると思いますよ」(放送作家)

 近頃のテレビ界では、金子のようなタレントが求められているという。

「攻めた表現がしにくくなっている今、お笑い芸人を軸としたバラエティー番組は頭打ちの状態。クイズ番組を含めた教養系の番組や情報番組が増えている中で、金子さんのような“元議員”や“ミス日本ファイナリスト”といった特殊な肩書を持つ人は、かなり重宝されます。単純に見た目の美しさや清潔感による好感度も高いし、夫に不倫されたけど離婚しなかったという点を支持する主婦層もいると思います。これからも、番組出演は増えていくでしょうね」(同)

 テレビで活躍すれば、政界復帰の道も見えてくるかもしれない。

「今は当面の生活費や住宅ローンもあるので、ひとまずタレント活動をしているという状態のようですが、テレビ界で人気が出れば、再び選挙に出馬するという可能性もあるでしょう。本人としては、そのあたりは明言していませんが、考えていないはずはないと思います」(前出・テレビ局関係者)

 現在は、自身の選挙区である新潟県ではなく、都内に住んでいるという金子。政界復帰の足がかりは、芸能界からとなるのだろうか?

最終更新:2018/08/19 12:00
こんな記事も読まれています

金子恵美元衆院議員がバラエティーで大活躍!“適度なサービス精神”で制作サイドも「使いやすい」と高評価のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

中東紛争を題材にした傑作映画

 笑ってはいけないシチュエーションほど、...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真