日刊サイゾー トップ > トンデモ海外ニュース > 社会(トンデモ)  > 中国で相次ぐ「上映禁止措置」

『プーさん』だけじゃない! 中国で相次ぐ「上映禁止」、そのバカげた理由とは?

海外メディアが習近平とプーさんの体形がそっくりだとして嘲笑的に報じていることから、プーさん映画が公開禁止となった

 中国建国以来、初めて海外の映画作品がやってきたのは、1978年のことだった。当時、日中友好平和条約が締結されたことから、高倉健主演『君よ憤怒の河を渉れ』が、初の外国映画として公開されたのだ。

 それから40年たったが、現在でも中国は海外映画の上映に関し、時代錯誤的な制限を設け続けている。

 今月、中国当局は、米ディズニーの人気キャラクター『くまのプーさん』の実写映画の公開を認めない判断を下した。習近平国家主席と風貌が似ていることから、中国で「プーさん」は習主席を指す隠語として広まっている。そんな中、同映画の上映は「主席の威厳を損なうことにつながる」と当局が判断したとみられている。

 中国では、これまでにもくだらない理由で多数の映画が上映禁止となっている。

 2016年に公開された、アメリカの人気映画シリーズ『ゴーストバスターズ』もそのひとつ。「中国共産党は幽霊の存在を認めていない」というのが理由だというから、お笑い草だ。また、アメリカDCコミックスの実写版 『スーサイド・スクワッド』や、マーベルコミックスの『デッドプール』も当局の検閲をクリアできず、公開禁止となっている。その理由について当局は、暴力シーンや鮮血の映るシーンが多かったため、国民に悪影響を及ぼすと判断したとしている。しかし、中国国産映画の中にはそうした残虐シーンがあっても上映が許可されたケースもあり、その線引きは非常にあいまい だ。

 ただ、中国国内で制作されたネットドラマが突然、公開禁止となったこともある。男子高校生の同性愛を描いた『上癮』は、公開当初1億を超えるダウンロード数を記録した作品だったが、同性愛が国内にまん延 することを恐れた当局によって、突如として公開禁止となったのである。同作品は劇場映画化を望むファンの声もあったが、幻となってしまった。

 日本の作品では、15年に『進撃の巨人』が上映禁止となったことが記憶に新しい。巨人が人々を苦しめているという構図が、共産党と人民の関係を連想させると当局が判断したためだといわれている。

 当局の気分次第で上映禁止が言い渡されてしまう中国だが、年間興行収入は1兆円超で、2020年までには世界最大の市場になるともいわれている。各国の映画産業が中国当局に忖度しながら作品を作るようになる日も近い?

(文=青山大樹)

 

最終更新:2018/08/22 18:00
こんな記事も読まれています

『プーさん』だけじゃない! 中国で相次ぐ「上映禁止」、そのバカげた理由とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

アインシュタイン稲田、今後の課題

 今回取り上げるのは“稲ちゃん”こと、アイン...…
写真
インタビュー

謎の集団「ケケノコ族」を直撃

 1980年代に原宿の歩行者天国で一世を風靡した「竹の子族」からインスパイアされ、...
写真