日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ハライチ・岩井、実はリア充だった!?

ハライチ・岩井勇気は“リア充”だった!「完全に少女漫画のモテ男子」とファンも驚き

ワタナベエンターテインメント公式サイトより

 8月21日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・ハライチが登場。ボケ担当・岩井勇気の“モテエピソード”が明らかになり、ネット上で「ガチのリア充じゃねーか!」と話題になっている。

 同放送では「男子校VS女子校SP」と題して、男子校出身芸能人・女子校出身芸能人・共学出身芸能人が集合。独特な青春時代のエピソードでトークが盛り上がると、ツッコミ担当の澤部佑が「(岩井は)めちゃくちゃモテてましたからね!」と明かして共演者から驚きの声が上がった。

 明石家さんまに真偽を聞かれた岩井は、「彼女いましたし、昼休みお弁当作ってきてもらったり」と告白。3000人規模のマンモス校で“人気投票第3位”を獲得したという岩井に、ネット上では「完全に少女漫画のモテ男子やん!」「確かに言われてみるとモテそうな顔してるもんなぁ」「私もともと岩井さんのファンだから見る目があったということだよね!」「話術も面白いし、これは納得せざるをえない」といった声が続出している。

「岩井によると年上の先輩にモテモテだったようで、ファーストキスの相手も先輩だったと明かしています。そのシチュエーションは、なんと岩井の方が金網に押さえつけられて『いきなりキスされた』というもの。明石家さんまから『ええなー!』と羨ましがられると、岩井も『あんな気持ちいい金網はなかったですね!』と笑顔で答えていました」(芸能ライター)

 岩井は2016年8月放送の『内村てらす』(日本テレビ系)で、“デート必勝法”を明かしたことも。年上としか付き合ったことがないという前提はあるものの、岩井は1回目のデートから別れ際の相手にキスをするという。“「年下なのに主導権を握られた」と相手に思わせる”ためで、小熊美香アナウンサーから「理論的に考えてるんですね」と指摘を受けている。

「数々のモテエピソードで視聴者を驚かせた岩井ですが、趣味に『アニメ・アニソン』を挙げるなどファンからは“オタク”として認知されています。アニメ関連のレギュラー番組も抱えているほどですが、岩井はツイッターで『アニオタはキモオタと言う傾向のイメージを払拭したい』と宣言したことが話題になりました」(同)。

 どうやら“顔だけ”でモテているわけではなさそうな岩井。彼の言葉は多くの人を勇気づけたに違いない。

最終更新:2018/08/22 20:30
こんな記事も読まれています

ハライチ・岩井勇気は“リア充”だった!「完全に少女漫画のモテ男子」とファンも驚きのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

TBSヤラセ発覚で、民放各局が冷や汗?

TBS人気番組で相次いで発覚したヤラセ問題。民放はみんなやってる!?
写真
人気連載

バラいろダンディで広告離れ露呈

 2014年4月から“オトナの夜のワイドショ...…
写真
インタビュー

「F××kって表現はクール」という罠

 洋画や洋楽でおなじみな「F××k」に代表されるスラング。くだけた表現では「F××k...
写真