日刊サイゾー トップ > 社会 > 海外  > 北朝鮮レストランの神対応

日本のファミレスとは大違い? ”子ども大歓迎”北朝鮮レストランの神対応

 

子ども大歓迎の北朝鮮レストラン

 Twitter上で8月中旬から、ファミリーレストランで幼児が泣きだし、それに対しほかの客がクレームをつけたり、店長が親にキレるといった、子どもをめぐるトラブルが相次いで報告されている。 ファミレスの存在意義について激論となる事態に発展しているが、北朝鮮が海外で運営するレストランに乳幼児を連れて行き「すごいサービスを受けた」と の、驚きの体験談が寄せられた。

 国連制裁で店舗数を減らしたが、北朝鮮は現地企業との合弁という形にして、今も中国を中心に世界各国でレストラン事業を展開している。呼び物は美女が勢ぞろいするウエイトレス。給仕だけでなく、客が集まれば歌謡ショーを見せてくれる。

 中国・上海に住む30代の日本人駐在員と妻は、先頃、1歳の長男を連れてコリアンタウンにある北朝鮮レストランに入った。

 駐在員は「すぐにウエイトレスの美女たちが集まってきて、『かわいいお子さんですねー』とキャッキャし始めた」と振り返る。

「食事を注文すると、特に頼んだわけでもないのに、女性たちが子どもを抱っこして連れていった。店の入り口には酒や漢方薬を売るカウンターがあり 、そこで2~3人の美女が代わる代わる、うちの子をあやしてくれたんです」(同)

 

カウンターで子どもをあやす美女軍団

「久々に夫婦でゆっくり食事ができた。子連れの客は珍しいようで、美女軍団もみんな喜んでいる様子でした」(妻)

 夫婦はその後、同じ上海にある、別の北朝鮮レストランにも子連れで足を運んだという。「ここでも『赤ちゃん、かわいい!』と、まるでアイドルのような扱いだった。やはり食事中は抱っこしてくれ、面倒を見てくれた」(駐在員)

 夫婦は食事を終え、預かってもらっていた美女軍団から息子を返される瞬間、「美女の一人が息子のほっぺにキスをしてくれた」(妻)と、日本のファミレスではあり得ない歓迎ぶりだったことを証言した。

 日本の北朝鮮研究者は「中国にある北朝鮮レストランで働く女性は、朝 から夜遅くまで勤務時間が長く、休みも短い。乳児の来店は彼女たちの母性本能をくすぐり、癒やしを与えたのではないか」と推測する。

 そもそも中国のレストランは、子どもがいなくても客が大騒ぎするのは当たり前の環境だが、美女軍団の子連れ客へのホスピタリティは、接客マナー向上のヒントとなりそうだ。

最終更新:2018/08/27 21:00
こんな記事も読まれています
関連キーワード

日本のファミレスとは大違い? ”子ども大歓迎”北朝鮮レストランの神対応のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

城島茂と菊池梨沙…破局も近い?

今週の注目記事・第1位「巨人『鈴木尚広』と『美...…
写真
インタビュー

朝倉兄弟がRIZINメインへ

   朝倉兄弟がこの夏、いよいよ主役に躍り出る!――総合格闘家の朝倉未来 (みくる・...
写真