日刊サイゾー トップ > 芸能  > フジ月10新番組の成否は、月9次第!?

爆死中のフジ“スマスマ枠”の新番組『新説!所JAPAN』の成否は、織田裕二&鈴木保奈美の“月9”次第!?

織田裕二 オフィシャルサイトより

 2016年12月まで、『SMAP×SMAP』を放送していた、フジテレビ系“月10”枠の新番組が、所ジョージの冠番組『新説!所JAPAN(仮)』に決定した。現在、オンエア中の『世界の村のどエライさん』は、9月10日放送分で打ち切りとなる。

『所JAPAN』は、6月26日にゴールデン帯でスペシャルとして放送された『所&磯田 ニッポンの謎』の進化版で、世界と比べて非常に個性的な日本の特徴をテーマに、多彩なスペシャリストの解説を交えながら、所が「知っているようで知らない身近な謎」を楽しく解き明かしていく“知的バラエティー”だという。

『スマスマ』終了後、月10枠では、昨年1月より、『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』がオンエアされた。MCはフットボールアワー・後藤輝元、田中みな実アナ、DAIGOの3人が務めたが、初回視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷。第3回にして、4.8%と禁断の5%割れを早くも記録するなど、その後も低空飛行が続き、1年で打ち切りの憂き目に遭った。

 後枠の『どエライさん』は、俳優・山崎育三郎、千鳥、高見侑里アナがMC起用され、今年1月15日にスタートしたが、初回から4.1%と爆死。第2回で3.3%、第5回で2.1%を記録するなど、『もしズレ』以上の惨状で、わずか8カ月で打ち切られる事態になった。

 新番組を仕切る所は、現在地上波だけでも、『所さんの目がテン!』『世界まる見え!テレビ特捜部』『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(いずれも日本テレビ系)、『所さん!大変ですよ』(NHK総合)、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』(テレビ東京系)、『所さんお届けモノです!』(TBS系)と6本のレギュラーを持つ超売れっ子。10月からは、『所JAPAN』に加え、不定期番組『所&林修のポツンと一軒家』(テレビ朝日系)がレギュラーに昇格するため、地上波で8本のレギュラーを有することになるが、『スマスマ』終了後、すっかり“爆死枠”と化したフジ“月10”を立て直すことができるのだろうか?

「『もしズレ』や『どエライさん』が、やっつけで制作された感が強かったことを思えば、所を起用しただけでも、フジや制作のカンテレの“やる気”は伝わってきます。しかし、『所を起用すれば、数字が取れる』というような甘い状況では、もはやありません。“月10”の低視聴率は、前番組である月9ドラマの低迷にも原因があります。タテの流れが悪くなっているんです。ですから、“月10”の視聴率回復のためには、月9の復活が必須。事実、昨年7月期に高視聴率を獲得した『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season』が放送されたクールは、あの『もしズレ』でさえ、通常より視聴率がよく、8%台を記録した回もありました。その意味で、『所JAPAN』は、10月期のドラマが好調であれば、いい流れでスタ-トできて、2ケタ台を取る可能性もあるでしょうね」(スポーツ紙記者)

 その月9ドラマは、『コード・ブルー』以降、再び不振に陥ったが、今期の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は、ここまで10%台をキープしており、全話平均視聴率で1年ぶりの2ケタ台が見えてきた。

 10月期の月9ドラマは、織田裕二と鈴木保奈美が『東京ラブストーリー』以来、27年ぶりにコンビを組む『SUITS/スーツ』だが、正直“今さら感”がかなり強い。織田は先に地上波で主演した『IQ246~華麗なる事件簿~』(16年10月期/TBS系)が、平均10.5%でかろうじて2ケタ台を死守した。

『SUITS』には、織田の相棒役で、Hey! Say! JUMP・中島裕翔が出演するが、織田と鈴木の「昔の名前で出ています」コンビで、今の視聴者にどこまで通用するかがポイント。その後番組となる『所JAPAN』の成否は、月9ドラマに懸かっているといっても過言ではなさそうだ。

(文=田中七男)

最終更新:2018/08/29 17:00
こんな記事も読まれています

爆死中のフジ“スマスマ枠”の新番組『新説!所JAPAN』の成否は、織田裕二&鈴木保奈美の“月9”次第!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

『ガチ星』が生ぬるい邦画界に追込み

 サイコーに熱い映画が、福岡からやってきた! 例えるなら、福岡県民のソウルフードであ...
写真