日刊サイゾー トップ > 芸能  > 安室ツアー映像爆売れで20億を手に!?

安室奈美恵がラストツアーDVD“バカ売れ”で手にする大金は「20億円近く」!?

【Amazon.co.jp限定】『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+福岡ヤフオク!ドーム公演)(Blu-ray Disc3枚組)(初回生産限定盤)(2019年度「Amazon限定写真使用の縦型卓上カレンダー」付)』

 安室奈美恵のドームツアーを映像化したDVD&Blu-rayが8月29日に発売された。事前予約だけで100万枚を突破しており、さらに数字を伸ばすことは確実。9月16日に引退することを発表している安室だが、派手に“最後の一稼ぎ”をすることになりそうだ。

 この映像作品は、今年2月から6月にかけて行われた全国ツアーから東京ドーム最終公演と、昨年9月に開催された沖縄公演を収録したものだ。ドームツアーのセットリストは、ファン投票で選ばれた24曲と、ベストアルバム『Finally』収録の新曲で構成され、日本のみならず香港・台湾・中国でもライブを実施。全公演で70万人以上を動員したツアーの様子が収められているが、こういった作品にありがちな初回特典の商魂逞しさには関係者も驚いている。女性週刊誌記者が語る。

「引退するアーティストが、ラストツアーの様子を収めた映像作品を発売するのは当然ですが、6月に発表されたその内容は、いろいろな意味で関係者を驚かせました。まず1枚8,800円という価格設定も超強気な“引退ご祝儀価格”。初回盤特典には、本編に収められた最終公演以外のどれか1会場のライブ公演映像が付いており、これが5会場分あるため、多くのファンは5枚買うことになるでしょうから、出費は4万円以上になります」(記者)

 全国ツアーは、総座席数が70万席にも上る壮大なツアーだったが、チケット発売時には一大争奪戦が発生。最後の勇姿を見られなかったファンも多いだけに、この価格も納得といえば納得だが、今回の映像作品発売で安室はいったいいくら手にするのか? 音楽ビジネスに詳しいフリーライターが語る。

「これまでアーティストのDVD・Blu-rayの売上記録歴代トップは、2009年に発売された嵐の『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』の約90万枚ですが、今回の安室のDVDは予約だけで100万枚を突破しています。彼女が昨年発売したベストアルバムは200万枚以上売れており、この分だとDVDも200万枚に達するかもしれません。しかも嵐の『ALL the BEST』は定価が5,000円でしたが、安室のDVDは8,800円です。通常ならアーティストの取り分は1割ですから、現状ですでに9億円弱、200万枚売れれば20億円近くのお金を手に入れることになります」(ライター)

 引退後について安室は何をするか語っていないが、どうやらDVDだけでも、一生働かずに暮らせるだけのお金を確保できそうだ。

最終更新:2018/08/31 08:00
関連キーワード

安室奈美恵がラストツアーDVD“バカ売れ”で手にする大金は「20億円近く」!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

伊勢谷友介大麻取締法違反で逮捕の衝撃

名俳優の逮捕で、映画・ドラマにも波紋が…
写真
人気連載

和田アキ子『わだ家』閉店

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、4月1...…
写真
インタビュー

インタビューまとめ

 新年あけましておめでとうございます! ゴシップサイトとして名を馳せる日刊サイゾーで...
写真