日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 「体操界の綾瀬はるか」に熱視線

「体操界の綾瀬はるか」「国が傾くほどの美貌」『アジア大会』で中国から大絶賛の日本人選手とは?

日本体操協会公式Twitter(@GymnasticsJapan)より

 日本のメダルラッシュに沸く『アジア大会2018ジャカルタ』だが、意外なことに、日本人アスリートに中国から関心が集まっている

 特に注目されたのが、競泳の池江璃花子選手。バタフライ、自由形、リレーなど6個の金メダルを獲得した。6冠目となる50メートル自由形では、中国の美女スイマー・劉湘(りゅうしょう)選手と競り合い、タッチの差で破ったこともあり、その強さに中国メディアも「池江璃花子との差はまだある。彼女の泳ぎは中国代表を震撼させた」と素直に認めるしかなかった。また、強さと美しさを兼ね備えた池江選手に注目した台湾メディアの記者は「最強怪物美少女 池江璃花子に萌えた」というコラム記事を出すほどだ。

 池江選手の怪物美女ぶりは、中国版Twitter「微博」上でも話題に。「池江璃花子は神か……このスピードは海の女神だよ……」「私の新しい女神は日本の池江璃花子姐さん」などと、女神扱い。さらに「#池江璃花子太猛了#」(池江璃花子めっちゃ強い)というタグが現れ、「池江璃花子がとてもかわいい。実力のある愛ちゃんみたい(福原愛のことを指すと思われる)」「 私は、池江(中国では川のことを江と書く)という場所で花が猛々しく開いたという句があると理解したよ」と称賛する書き込みが次々と投稿された。

 熱視線が注がれる日本人美女アスリートは、池江選手だけではない。体操女子日本代表の中路紫帆選手もそうだ。種目別・ゆかと団体の2種目で銅メダルを獲得した中路選手は、池江選手と同じ18歳の高校3年生。メダルを獲得した実力はもちろん、その美貌に中国メディアも注目した。鳳凰網体育は「アジア大会の4大美女」の1人として中路選手を取り上げ、「スタイルが良く、会場内の注目を一身に浴びていた」と絶賛。また、「中路の甘い美しさは“傾国傾城”(国や城が傾くほど)、“明艶動人”(美しくて男心をそそらせる)」とその美貌ぶりを解説していた。

 また、別のメディアも「団体での優勝は中国だったが、会場での注目を集めたのは日本だった。その理由は、顔面偏差値の高い美女、中路紫帆」と紹介し、「体操界の綾瀬はるか」と表現していた。微博上では「まるでアイドルみたい」という投稿もあった。

 たとえメダル争いのライバル国であろうとも、やはり美女アスリートの人気は国境を越えるようだ。

最終更新:2018/08/31 14:00
こんな記事も読まれています

「体操界の綾瀬はるか」「国が傾くほどの美貌」『アジア大会』で中国から大絶賛の日本人選手とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

吉本騒動、どう着地する?

松本人志、明石家さんまに加え、島田紳助も参戦! お笑い帝国は一体どうなる?
写真
人気連載

郵便局・日本郵政は信用できない

今週の注目記事・第1位「もう『郵便局』は信用し...…
写真
インタビュー

金属バット、注目度UPもどこ吹く風

『M-1グランプリ2018』(ABC・テレビ朝日系)敗者復活戦。「よいしょ、うぃー」で...
写真