日刊サイゾー トップ > エンタメ  > ジャニー社長の意向と飯島班の動向

滝沢秀明「後継者指名」でジャニーズ事務所はどうなる!? ジャニー社長の意向と“飯島班の残党”の動向

滝沢秀明

 ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、滝沢秀明を後継者に指名したと、8月30日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じた。ジャニーズ事務所入所当時からジャニー社長の寵愛を受けてきた滝沢はどうなるのか――。

「普通に考えれば、所属タレントのトップである近藤真彦が後継者となるはずだし、そのすぐ下には東山紀之もいる。さらには中居正広や木村拓哉、TOKIO、KinKi Kids、V6といった先輩たちがいる中で、滝沢がごぼう抜きでジャニー氏の後継者となり、“社長”に就任するとは考えにくい。でも、ジャニー氏は事務所内ではあらゆるものを超越した存在であり、そういった豪腕人事も可能だとは思います」(ジャニーズ事情に詳しい芸能事務所関係者)

 しかし、現在のジャニー社長は、実際には事務所内で力を発揮できていないという。

「実質的なトップは、ジャニー社長の姪に当たる藤島ジュリー景子副社長です。ジャニー社長は主に舞台やジャニーズJr.の活動に対してアドバイスをするばかりで、メディア関係への影響力はほとんどない。ただ、ジャニー社長の一存で何かが決まるということはまだまだあって、だからこそ所属タレントたちは困った時にジャニー社長に直談判にいくんです」(同)

 もしも、ジャニー社長が勇退し、その後継者に滝沢が指名されたのであれば、どんな影響があるのだろうか。

「考えられるのは、ジュリー副社長との対立。滝沢がタレントの思いを反映させるような形でマネジメントをする方針を打ち出したのなら、ジュリー副社長の立場も危うくなるかもしれない。実際、ジュリー副社長よりもジャニー社長を慕っているタレントも多いですし、ジュリー体制への不満も爆発寸前ですからね。滝沢が権力をもてば、一気に今のジュリー体制が完ひっくり返される可能性もあると思います」

 ジャニーズ事務所内のトラブルとして記憶に新しいのが、SMAPのチーフマネジャーだった飯島三智氏の退社だ。飯島氏はジュリー副社長と対立していた。

「飯島班だったタレントたちは、強制的にジュリー副社長の傘下に入らされたことに不満を持っているでしょうね。それこそ中居正広などはこの現状をぶっ潰すチャンスを窺っているはず。ジャニー社長が滝沢を後継者に指名したタイミングで、飯島班の残党にも大きな動きがあるとの予想も聞こえてくる。中居がジャニーズ事務所に残留したのも、こういった展開があると分かっていたからなのかと考えたくなります」

 混乱が続くジャニーズ事務所。キーマンとなりそうな滝沢秀明がどう動くのか。芸能界全体が固唾をのんで見守っている。

最終更新:2018/08/31 20:00
ページ上部へ戻る
トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真