日刊サイゾー トップ > 芸能  > 南キャン・山里が芹那を再びディスる

南キャン・山里亮太が『鳥人間コンテスト』大原優乃を大絶賛! さらに芹那を6年越しの痛罵……

南海キャンディーズ・山里亮太

 これは明らかに“あの人”のことだろう。

 8月29日、人力飛行機の飛行時間及び、対空距離を競う大会『読売テレビ開局60年 Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2018』(日本テレビ系)が放送され、滑空のスタート地点からは、南海キャンディーズ・山里亮太と大原優乃がレポートした。

 同日のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)では、山里が番組について言及。その際、大原と比較する形で、過去に同番組で共演した女性タレントを“ディスる”場面があったという。

「山里は大原が鳥人間コンテストで、みんなが着ているTシャツをグラビア風にアレンジしていたり、山里が休憩を促しても『いや、私は初めてなんで見たいです』と飛行シーンを見続けていたことを絶賛。逆に過去に共演した女性タレントは、自分の出番以外は携帯を見に死ぬほど控室に戻っていたそうで、『最近、その子は見ないね』『そういう人はね、後々お会いしなくなるなって』と語り、その人物について『え? お前、湯婆婆に名字とられた? っていうのがヒントだね。お前の名前はせ……』と明かしたことで、リスナーは芹那だと確信したようです」(芸能ライター)

 山里の“芹那嫌い”は有名で、これまでも何度も話題となってきた。

「13年のラジオ番組で、山里は芹那を『苦手』と発言して世間をざわつかせました。たまたまテレビをつけたところ、芹那が山里の悪口を言っていたのが、その原因。批判の内容も、山里が収録中にモニターで髪の毛を直したのが『本当に気持ち悪かった』らしく、好かれてると思っていた山里はショックを受けたそう。その怒りは消えず、翌年のラジオ番組では酔っ払いながら、『普通に干されてるでしょ、アイツ』『あんな、ほんとにクソみたいなのしょうもねぇ』『芸人を愚弄してるね』とまくし立てていました」(同)

 6年が経った今も、山里の“芹那嫌い”は収まっていなかったようだ。

最終更新:2018/09/02 18:00
こんな記事も読まれています

南キャン・山里亮太が『鳥人間コンテスト』大原優乃を大絶賛! さらに芹那を6年越しの痛罵……のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

ジャニーズ新体制始動でざわざわ

TOKIO城島結婚で山口が電撃復帰に現実味!?
写真
人気連載

5年間お蔵入りになった過激作

 走り続けていると次第に息が苦しくなるが、し...…
写真
インタビュー

“新世代の三谷幸喜”上田監督が語る

「面白い!」「完全に騙された!」「感動した!」と映画ファンの間で噂を呼んでいるのが、...
写真