日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > キムタク取材態度に批判殺到

木村拓哉「映画大ヒット御礼」インタビューの態度に批判殺到! 娘Koki,の好感度も急下降か

木村拓哉

 現在公開中の映画『検察側の罪人』が国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社)で2週連続1位を獲得し、絶好調の木村拓哉と嵐の二宮和也。そんな2人が、9月4日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)にそろってVTR出演した。

 VTRでは、「映画の共演をきっかけに、2人の関係がどれだけ変化したか」という質問に、二宮は「怖い人だと思っていたら、そんなに怖い人ではなかった」と回答。続けて木村は「酒が入ると(二宮が木村のことを)『お兄ちゃん』と呼ぶ」と明かし、笑いを誘っていた。

 和やかな雰囲気のインタビューに、2人のファンからは放送中から歓喜の声が上がっていたが、一方で一部の視聴者は、木村の態度に違和感を覚えたようだ。

「インタビュー中、二宮さんはきちんと座って話していたのに対し、木村さんは終始、脚を組んで答えていました。この態度に対し、ネット上では『だらしない!』『マナーが悪い』といった声が殺到。脚を組んでも別にいいとは思うのですが、一部の視聴者の間ではそうはいかなかったようです」(芸能記者)

 他局でも同様のVTRインタビューが放送されていたのだが、木村は『ZIP!』と同じように脚を組んだ姿勢で話しており、それに対しても「大物気取りかよ!」と批判の声が上がっていた。

「以前、木村さんが『情報ライブ ミヤネ屋』(同)に出演し、モデルデビューした次女Koki,さんについて言及した際、『オヤジの背中とお母さんの背中を見せてるだけ』と発言していましたが、それを持ち出して『母親がアレで父親がこれじゃ、見習えないでしょ!』『親がこれじゃ、娘の先行き不安だわ』『きっと娘もこのレベルなんだろうな!』といった声も。この木村さんの態度によって、Koki,さんへの評価も若干下がったような気がします……」(同)

『ミヤネ屋』で「彼女がやってみたいことは背中を押すしかない」と、Koki,を応援する姿を見せていた木村だが、その前に自分の態度を改めたほうがいいのかも!?

最終更新:2018/09/05 09:40

木村拓哉「映画大ヒット御礼」インタビューの態度に批判殺到! 娘Koki,の好感度も急下降かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

NEWS手越祐也、崖っぷち!

相次ぐスキャンダルに滝沢激怒、ジャニーズ退所も現実味!?
写真
人気連載

Netflix『アイ・アム・ア・キラー』

 Netflixはまるで人生のようだ。『テラ...…
写真
インタビュー

瓜田純士『ジョーカー』を大絶賛

 映画『ジョーカー』(トッド・フィリップス監督、ホアキン・フェニックス主演)が世界各...
写真