日刊サイゾー トップ > 芸能  > こじるり「グラビア好き」発言が物議!?

小島瑠璃子、グラビアは「好きでやっているから楽しい」発言に、グラドル界からは大ブーイング!

『週刊プレイボーイ』公式Twitterより

 “こじるり”こと小島瑠璃子の発言に、グラビア界から大ブーイングが巻き起こっている。

 こじるりは、「週刊プレイボーイ」(集英社、9月3日号)の表紙&巻頭グラビアに登場。“微笑みの国”とも呼ばれるタイでのロケで、明るい笑顔とともに、カラフルなビキニショットで弾けるボディを見せつけてくれた。

「グラビアをステップにテレビに進出したあとは、“グラビア卒業”というのがよくあるパターンですが、グラビアデビューから7年経ち、テレビでもブレイクした現在も、定期的にグラビアに登場してくれる珍しいケース。Eカップのありがたみが、他のグラドルとは違います」(アイドルライター)

 これに、なぜグラビア界からブーイングなのか?

 こじるりと同じ、グラビアデビュー7年目の現役グラドル・A美(24)が、「インタビューを読んで、もうイヤになりましたよ」と、こう怒りをぶちまけるのだ。こじるりは、巻頭グラビアとは別に、インタビュー企画「表紙の美女」にも登場していたのだが、A美の神経を逆撫でしたのは、この受け答えだったようだ。

<いろんな人にびっくりされるんですよ。「グラビアやってるの!?」とか「グラビアまだやるの?」って。でも、わたし的には毎年当たり前のようにやってきたことだし、好きでやってることだからすごく楽しいんですよ、グラビア。>

「こっちは、手ブラだ肘ブラだ、眼帯ビキニだ童貞ゴロシだ、着エロだ、ポッチ解禁だって、なんとかインパクトを残そうと、手を替え品を替え必死でやっているのに、こじるりちゃんのグラビア見たら、ビキニ姿でただ笑顔を向けてっていう、かわいいだけの写真が並んでて。それでグラビアやった気になって、『グラビアが好き、楽しい』って、そりゃそうでしょうって。タイまで連れてってもらって、『毎年当たり前』っていう感覚も、本当に腹が立つ。こっちは、素人相手の撮影会か、たまに媒体の仕事があっても都内のスタジオでの相乗り撮影。DVDもメーカー関係なく、ギャラ5万円でプロモーションまでってのが当たり前。それがほとんどのグラドルの現実なのに、彼女は自分の好感度をもっと上げようとグラビアを都合よく利用しているだけでしょ。ギャラ飲みグラドル仲間も、『あいつナメてる』って怒ってますよ」(A美)

 やっかみが大部分とはいえ、確かに発言が優等生すぎてどうも鼻につくというのは、その通りかも。女子人気がまったくないのは、そんなところが原因なのかもしない。

最終更新:2018/09/06 13:00
こんな記事も読まれています

小島瑠璃子、グラビアは「好きでやっているから楽しい」発言に、グラドル界からは大ブーイング!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

ファーストサマーウイカ登場!

 サイゾー読者的には、アイドルグループ「BiS」や「BILLIE IDLE」としての...
写真