日刊サイゾー トップ > 芸能  > 田中道子の発言でミスコンの価値暴落

田中道子の不用意発言で「ミス・ワールド」の価値が大暴落!

田中道子オフィシャルブログより

 芸能界で羽ばたこうとしている女性たちは、番組を観て「ミス・ワールド」に出場しようという気がなくなったかもしれない。

 9月4日、女優の田中道子が『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演。下積み時代について語った。

 オスカープロモーションに所属し、米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)シリーズにも出演したのを機に、人気女優となった田中だが、2013年に「ミス・ワールド」に日本代表として出場した経歴の持ち主でもある。だが、その肩書はまったく役に立たなかったという。

「『ミス・ワールド』は世界200カ国で中継されており、田中が本大会に出場した際には、スタッフから『このカメラの先では何億人もが見てる』と言われたといいます。その後、モデル転向を志した彼女ですが、雑誌の専属モデルオーディションで『ミス・ワールドの田中道子です』と名乗っても、審査員の反応は冷たかったそう。彼女は日本代表としてのプライドを持って臨んでいたものの、雑誌の編集長からは『それ何の意味があるの?』『舐めないでくれる?』と言われてしまった。挙げ句、編集部で大ゲンカして泣いてしまったことを振り返っていました」(テレビ誌ライター)

 田中が勝ち取った「ミス・ワールド」は、「ミス・ユニバース」「ミス・インターナショナル」と共に、“世界三大ミスコン”と呼ばれる大イベント。“美のオリンピック”ともいわれており、見た目の美しさだけではなく国際社会への貢献を含めた才色兼備の女性たちが集結する大会である。中でも「ミス・ワールド」は1951年開催と、最も歴史は古い。

「『ミス~』の肩書は、芸能界を目指す女性たちにとっては、テレビや雑誌などに手っ取り早く出演するための『パスポート』となるため、なんとしても勝ち抜こうと壮絶な戦いが繰り広げられます。しかし、田中が『役に立たなかった』とテレビで不用意にぶちまけたことで、『ミス・ワールド』の価値は大暴落してしまった。関係者は不快感を覚えたかもしれませんね」(芸能関係者)

 とはいえ、過去の「ミス・ワールド」日本代表の顔ぶれを見ると、芸能界で大成した人はおらず、唯一目に付いたのは、元巨人の捕手で現在はスコアラーの村田善則の妻・須志田しのぶくらい。

 田中がケンカした雑誌編集長の意見は正しかった?

最終更新:2018/09/07 10:00

田中道子の不用意発言で「ミス・ワールド」の価値が大暴落!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ第2波で芸能界も大混乱

新型コロナ第2波で芸能人も続々と感染…
写真
人気連載

【ネットフリックス】アメリカの人種差別

「時代を代弁する”俺たちの”コメディアンの登...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真