日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 安藤サクラの存在をかすませた大物

『まんぷく』安藤サクラの存在をかすませた“3人の大物”とは?

NHK連続テレビ小説『まんぷく』公式サイトより

 次のヒロインは広瀬すずじゃなかった!?

 佳境を迎えている永野芽郁主演のNHK朝ドラ『半分、青い。』は、ストーリーへの不満が飛び交うことが多かったものの、第22週(8月27日~9月1日)の平均視聴率は22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組最高を記録。このままお茶の間に視聴習慣をつけた状態で、次作へバトンタッチできそうな雰囲気だ。

 ところが、10月1日の初回放送まで1カ月を切ったというのに、次期朝ドラ『まんぷく』はまったく盛り上がっていない。

「広瀬すず主演で19年に4月スタートする『なつぞら』は、朝ドラ100作目となることで『まんぷく』よりも2カ月早く制作が発表されました。その間、メディアは広瀬ばかりをクローズアップ。8月末にようやく『まんぷく』のビジュアル等の情報が公開され、その主演を安藤サクラが務めることを知った人も多いようです」(テレビ誌ライター)

 NHKにとって99作目は“捨て石”なのかと思いきや、配役以外のほうはなんとも豪華。それがますますヒロインの安藤を目立たなくさせているという。

「『まんぷく』のナレーションを務めるのは、14歳の芦田愛菜です。16歳で『てるてる家族』に起用された石原さとみを抜いて最年少とあって、彼女のナレーションには注目が集まりそう。むしろ、本編でなぜ配役を与えないのか不思議なほどです。また、主題歌はDREAMS COME TRUEが担当。朝ドラ主題歌は92年『ひらり』の『晴れたらいいね』以来、2度目。タイトルは『あなたとトゥラッタッタ♪』とのことですが、ドラマ名より曲名のほうが有名になってしまうかもしれませんね」(同)

 カンヌのパルムドール受賞作『万引き家族』で評価を上げた安藤。持ち前の演技力で、存在感を見せることができるだろうか?

最終更新:2018/09/07 12:00
こんな記事も読まれています

『まんぷく』安藤サクラの存在をかすませた“3人の大物”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

侍ジャパン世界一の裏に野村克也?

 スポーツ系の情報番組やスポーツニュースは、...…
写真
インタビュー

30代サブカル男に父性は芽生える?

 イクメンという言葉はもはや陳腐化し、男性が育児参加するのは当たり前という風潮が高ま...
写真