日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 水川あさみの入浴シーンで視聴率UP!?

水川あさみの入浴シーンに“需要”あった!? NHK大河『西郷どん』2カ月半ぶりに視聴率急上昇!

NHK大河ドラマ『西郷どん』番組公式サイトより

 低迷するNHK大河ドラマ『西郷どん』第33話が2日に放送され、13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマーク。前週の10.4%から、2.8ポイントも大幅にアップすると共に、第23話(6月17日)の13.4%以来、2カ月半ぶりに13%台まで回復した。視聴率を押し上げた背景に何があったのか?

 同ドラマの視聴率は第24話以降、12%台→11%台→10%台へとジリジリ降下。特に、第30話(8月12日)は10.3%、日本テレビ系『24時間テレビ41 愛は地球を救う』のフィナーレと重なった第32話(同26日)は10.4%と低調で、1ケタ台陥落目前まで落ち込んだ。

 第33話がオンエアされた2日は、裏でテレビ東京系の人気番組『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』第12弾が放送されるとあって、苦戦も予想された。その『池の水ぜんぶ抜く』は9.4%をマークし、好調を維持。逆に影響を受けたのは『西郷どん』ではなく、日本テレビ系の高視聴率番組『世界の果てまでイッテQ!』で15.4%止まり。前回(8月19日)の18.8%から、大きく数字を落としてしまった。

 問題の『西郷どん』第33話は、薩長同盟が結ばれた直後、寺田屋で襲われ負傷した坂本龍馬(小栗旬)が薩摩藩に保護され、妻・お龍(水川あさみ)と共に療養のため鹿児島に渡り西郷家を訪ねる。西郷吉之助(鈴木亮平)の3番目の妻・糸(黒木華)は、龍馬とお龍の奔放で大胆な行動に驚かされる。吉之助といまだに夫婦らしい時間を持てていない糸は、お龍の龍馬へのまっすぐな愛に心を動かされる。一方、幕府が第二次長州征伐に動き出す中、薩摩藩はイギリス公使パークス(セイン・カミュ)を迎える……という展開だった。

 お龍役の水川は、この回が初登場となったが、番組は冒頭、いきなりお龍の“入浴シーン”からスタート。これに“需要”があったかなかったかは定かではないが、大河としては異例の始まり方に驚愕し、チャンネルを替えなかった視聴者も多かったようで、結果的に上々の視聴率につながったようだ。
お龍といえば、2010年の大河ドラマ『龍馬伝』(福山雅治主演)では、真木よう子が演じた。同作でのお龍はクールで、陰で龍馬を支える妻として描かれていたが、『西郷どん』でのお龍は活発で、男勝りの性格に描写されており、なんとも対照的だ。

 ネット上では、男性視聴者から「水川より、北川景子(篤姫)や二階堂ふみ(愛加那)の入浴シーンが見たかった!」との声も多数聞かれるが、水川の入浴シーンがインパクトを与えて、視聴率に貢献したのは確かのようだ。
 果たして、次回も、この高視聴率をキープすることができるだろうか?
(文=田中七男)

最終更新:2018/09/10 06:00

水川あさみの入浴シーンに“需要”あった!? NHK大河『西郷どん』2カ月半ぶりに視聴率急上昇!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

番組改革大失敗!?『バイキング』のやばい裏側

数々のタレントや実業家と浮名を流してきた石原さとみがついに結婚! お相手はやっぱりただの“一般人”じゃなかった?
写真
人気連載

NiziU 快進撃の裏にあった鬼教官動画

 メンバー決定から4カ月が経った『Nizi ...…
写真
インタビュー

五輪延期でボランティア問題再燃?

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、国際オリンピック委員会(IOC)は東...
写真