日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 仮面女子・猪狩、パラ五輪で花開く!?

仮面女子・猪狩ともか、車イス始球式で見せた“最強の地下アイドル”が東京パラリンピックで花開く!?

仮面女子 公式Twitter(@AliceProject_mb)より

 アイドルグループ、仮面女子の猪狩ともかが9日、プロ野球・埼玉西武対千葉ロッテ戦で始球式を行った。

 猪狩といえば、4月に不慮の事故で半身不随となり、車イス生活を余儀なくされている。始球式に向けて猛特訓を重ね、当初は5メートルも投げられなかったが、この日は車イスからのツーバウンド投球で大歓声を浴びた。

「猪狩は4月に、湯島聖堂近くの歩道を歩いていた際、強風で倒れてきた案内板にぶつかって負傷し、緊急手術を受けましたが、脊髄損傷による両下肢麻痺のため、自力で脚を動かすことができなくなりました。“最強の地下アイドル”と称される仮面女子は4つのユニットからなるグループで、猪狩はそのうちのスチームガールズのメンバーです。彼女は2014年から所属事務所のアリスプロジェクトに在籍していますが、同ユニットのメンバーに昇格したのは昨年のこと。地下アイドルの中でも下積みが長かった苦労人なのに、仮面女子のメンバーになった直後にこの事故でしたからね。ツイてないと言うしかない」(アイドル誌編集者)

 車イス生活にはなったものの、仮面女子のメンバーとしてアイドルを続けており、所属事務所もこれをサポート。今後、同グループでは楽曲の作詞を担当するそうだが、幸運にも“車イスアイドル”の需要があった。

「2020年に開催される東京パラリンピックです。これからパラリンピックに向けて、障害者スポーツがクローズアップされる機会が増えてきます。猪狩もパラスポーツへの挑戦を表明しており、今回の始球式もその布石でしょう。この他にも埼玉西武ライオンズが主催する車イスソフトボール大会のスペシャルナビゲーターへの就任、10月13日に福井で開幕する第18回全国障害者スポーツ大会の開会式への出席が決まっています。今後、この種の仕事が増えるはずで、最終的には猪狩だけでなく、仮面女子としてパラリンピックのPRに関わることが期待されます」(同)

 障害を抱えながらも、アイドルとして挑戦を続ける猪狩の活躍に期待したい。

最終更新:2018/09/11 16:00

仮面女子・猪狩ともか、車イス始球式で見せた“最強の地下アイドル”が東京パラリンピックで花開く!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

韓国芸能界の非道な仕組み

今週の注目記事・第1位「KARAク・ハラを追...…
写真
インタビュー

誤報と偽ニュースの狭間に【後編】

(前編はこちら)  作家・塩田武士が上梓した『歪んだ波紋』は、ネットによって無秩序に広...
写真