日刊サイゾー トップ > 芸能  > 木村拓哉、ジーンズ履きすぎ

木村拓哉、“ベストジーニスト殿堂入り”はもう過去の話? サプライズ登場もコーディネートが不評

 

木村拓哉

 9月10日に行われた新作ゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』完成披露会に、ゲーム内の主人公を演じた木村拓哉がサプライズ登場。レザージャケットにダメージジーンズとファッショナブルなスタイルを見せたが、ネット上では「無理して若返りしようとしてる」と不評を買っているようだ。

 木村がゲーム内で演じているのは、かつて弁護士として活動しながら現在は探偵業を営む八神隆之というキャラクター。髪はパーマでぼさつき、Tシャツ・レザージャケット・ジーパンというワイルドなビジュアルに仕上がっている。

 完成披露会に登壇した木村はゲーム内の八神と同系ファッションになったが、ネット上では「ジーンズ好きなのは分かるけど、45歳でダメージジーンズはもうキビシいと思う」「無理やり若く見せようとしてるから逆に顔が老けて見えちゃってる」「これスタイリストがついてるのかな? だとしたら完全に失敗してるでしょ」といった指摘が相次いだ。

「ジーンズ好きを公言している木村は、1994年から5年連続で『ベストジーニスト』に選ばれて殿堂入りを果たしています。いわば筋金入りのジーニストで、過去には『木村拓哉のWhat’s UP SMAP!』(TOKYO FM)でジーンズ選びのこだわりを明かしたことも。『どんなシルエットのジーンズが好きですか』というリスナーからの質問に、木村はかつてリーバイスの646にハマっていたことを明かし、『いまは全然、ストレートのものが多いですね』『スキニーも持ってる。カラーは黒で、あえて自分でダメージ系にしちゃったり』と返答。ほかにも形状やサイズなど詳細を明かしていました」(芸能ライター)

 完成披露会ではレザージャケット×ダメージジーンズの組み合わせだった木村。そのいで立ちが“ダメ出し”を受けた形だが、過去には公の場以外で見せた上下デニムの組み合わせで失笑を買ったことも。

「都内ホテルで木村が主演する最新映画『マスカレード・ホテル』の打ち上げが行われた際、会場入りする木村の姿を『週刊女性PRIME』が報じました。黒縁メガネに上下デニムのスタイルで現れたところをキャッチされましたが、このときも『今どき上下デニムって……』『ウチの旦那がこの格好で出かけようとしてたら泣きながら止めるわ』と不評の声が上がっています」(同)

 第一線を走り続けるトップスターだけに、木村には違和感のないスタイルでファンを魅了してほしいものだ。

最終更新:2018/09/12 15:15
こんな記事も読まれています
関連キーワード

木村拓哉、“ベストジーニスト殿堂入り”はもう過去の話? サプライズ登場もコーディネートが不評のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店

すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

イチオシ企画

【日刊サイゾー/月刊サイゾー】編集・ライター募集のお知らせ

現在「日刊サイゾー/月刊サイゾー」 編集部のスタッフを募集しております。
写真
特集

沢尻エリカ、薬物逮捕の余波

大河ドラマ、CM降板で損害賠償は芸能界史上最大に!?
写真
人気連載

前澤氏は脅迫トラブルを説明すべき

今週の注目記事・第1位「剛力彩芽破局の裏で前澤...…
写真
インタビュー

白石和彌監督が語る、若松孝二の遺産

 珠玉の青春映画が誕生した。門脇麦主演作『止められるか、俺たちを』は、インディーズ映...
写真